卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 鏑木 菜緒  東京工業大学 第7類  (私立 東洋英和女学院高等部卒)

鏑木 菜緒  東京工業大学 第7類  (私立 東洋英和女学院高等部卒)

鏑木 菜緒  東京工業大学 第7類  (私立 東洋英和女学院高等部卒)

私は11月生として英語・数学を、1月生として化学を受講していました。

栄光会に入る前に私は大手の集団塾や個別指導に通っていましたが、高2の10月になってもセンター模試が1/4しか解けませんでした。私はその時初めて本当に焦った記憶があります。どうにかしなければと思い、すがるような思いで入ったのがこの栄光会です。

結論から言うと、栄光会に入って本当に良かったです。強制されないとやらない私には、1人1人をきちんと面倒見てくれる環境が合っていました。毎週、先生との面談があり先週の小テスト返却と宿題チェック、直前期には過去問の進捗確認が行われます。つまり1つもサボることが出来ません。私のように怠けてしまう人にはぴったりだと思います。

私が栄光会に入る時に悩んだことは2つあります。1つ目は自習室がないこと、2つ目は季節講習のことがよく分からなかったことです。まず自習室に関してですが、授業が始めるまで待つ空き教室はあるので授業日に困ったことはありませんでした。また長期休みには、皆で自習をする講座もあり、不便には感じませんでした。そこでは質問も出来るし、個別に英作文や和訳の採点もしてもらえました。季節講習は、意外と多くの講座があります。多くはその日にやったことの確認テストを通らなければ帰れず、とても効果のある講習でした。

講師の年代は幅広いです。入る前は怖い講師が多いと聞いていましたが、理不尽なことで怒られることはありません。自分が悪い時に厳しいことを言われる事はありますが、きちんとやっていれば大丈夫です。頑張ってもついていけなくなった時には、相談すれば解決策を提示してもらえます。実際に私は英単語を覚えられず、授業後に個別で単語テストをしてもらっていました。

お世話になった講師の方々には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。