卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 内藤 翔  一橋大学 商学部  (私立 麻布高等学校卒)

内藤 翔  一橋大学 商学部  (私立 麻布高等学校卒)

内藤 翔  一橋大学 商学部  (私立 麻布高等学校卒)

栄光会11月生として入会した当時の私は、1年と少しの後に国立大学に合格するとはとても思えないような学力しかありませんでした。中高一貫校特有の甘美な日々の代償とでもいうのでしょうか、英語ではSVOなどの基礎的な構文は一切分からず、数学では因数分解もまともに出来ない程で、破滅的といっても過言でなかったと思います。浪人するしかない。2年計画だ、と考えていたのですが、栄光会によってその計画は変えられてしまいました。

今思うと、栄光会での1年間は一瞬だったと思います。特別愉快なわけではではありませんでしたが、周りに比べると、楽しく過ごせた1年でした。それもこれも栄光会のおかげです。

栄光会では、比較的多くの宿題が出ます。また、少人数の授業のため、当てられる事も多々あります。当時はなかなかにイヤでした。今でもイヤです。ですが、それによって勉強しなければいけないという義務感のようなものが生まれます。サボり癖のある人が受験をするには義務感は必須です。一方で、生徒と講師の距離が近いというのも栄光会の特徴の1つです。直接話をする機会も多く、質問でも悩み相談でも直接することが出来ます。大手の塾ではそういったことは出来ないのではないでしょうか。全然関わりのない人の講義を受けるというのも退屈だと思います。

大学に合格するには当然勉強しなければいけませんが、受験勉強など当然つまらないものです。しかしやらなくてはならないのであれば、出来るだけ短くすませたいもの。栄光会はそんな願いを叶えます。少なくとも私の場合叶えてくれました。

受験生の皆さんの今のお気持ちは様々だと思いますが、栄光会という塾は入塾して後悔することのない素敵な塾だと私は思います。皆様におかれましても、後悔のない1年をお過ごしくださるよう願っております。