卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 2015年度版 卒業生の声

2015年度版 卒業生の声

以下は2015年度に卒業された生徒の声です。 (五十音順で並んでいます。)
ご協力ありがとうございました。

相沢 一樹  早稲田大学 商学部  (私立 サレジオ学院高校卒)

 私は、高校2年生の時のセンター同日模試の英語で3分の1しか取れなかったのをきっかけに受験勉強を始めるという他の人たちよりかなり遅れをとったスタートでした。この栄光会には1月生として入塾していたのでまさに英語の勉強を一から始めたいという私にぴったりでした。

 栄光会の授業では、本当に基礎の基礎からやっていただいて最初は「戻りすぎでは。」と、戸惑いましたが、後にそれがとても役に立ち他の受験生と差をつけることが出来たと思います。学校でよくあるような文章を皆で読んで訳していくだけといったような授業とは全く違い、本当に重要となる部分をピックアップして的確に分かりやすく教えていただけました。

 また、毎週小テストがあり、単語、熟語、あらゆる文法事項や前回の授業を確認することが出来ました。それらをちゃんと真面目に毎週取り組むことで英語の成績を上げていくための基礎力を積み上げることが出来たと思います。その小テストに加え毎週和訳などの宿題があり、宿題を提出すると講師が添削を入れてくださるので学力を伸ばす自分だけの教材となります。年に何回か大きなテストもあり、他塾の模試以外で自分の栄光会での勉強の成果を出すいい機会の1つなので是非頑張ってください。

 授業前や授業後には、講師に質問をしに行くことが出来ます。とても丁寧に指導してくださるので、質問してもよくわからずうやむやになったまま帰ることがありませんでした。また、教わっている講師とメールでやり取りが出来たので校舎に行っていない時でも講師に質問が出来るというのも素晴らしいところの1つだと思います。

 講師と一対一で行う面談では私の志望校に合わせたこれからの勉強法、勉強の計画や生活面での時間の使い方などについて細かくアドバイスをいただけるとても有意義なものでした。

 私がこのように大学に合格できたのも栄光会に通っていたからだと思っています。私たちの勉強を裏で支えていただいた事務の方やこうしの方々には感謝しても感謝しきれません。受験生の皆さん、努力を重ねていけばきっと報われますので精一杯頑張ってください。

 

池谷 紗瑛  順天堂大学 医学部  (私立 女子学院高等学校卒)

 私は11月生として栄光会に入塾し、数学を受講しました。もともと進みが速いことで有名な塾に通っていましたが、分からない範囲を解決できないままだらだらと通い続けたために数学がかなり苦手になってしまい、とても焦りを感じていました。

 そんなときに見つけたのが栄光会でした。栄光会ではすべての問題に対する考え方の土台となるような範囲から、数Ⅲの理解が難しい範囲まで1年で網羅します。通い始めは「この時期にこんな基礎的なことをやっていていいのだろうか」と不安に思ったこともありましたが、毎週の課題を丁寧にこなし、1回一回を完璧にしていくことで以前は考え方すら思いつかなかったような問題にも太刀打ちできるようになっていました。

 栄光会の良いところはまず、毎週担当の講師の方と話す時間があることです。毎週の授業で分からなかったことや数学の勉強法に関することから、栄光会では受講していない教科に関することまで質問することが出来るので、安心して勉強を続けられました。また入試が近づいてくるとセンター試験までにどのように勉強を進めるべきかや自分の志望校の対策まで具体的に相談に乗ってくださるので、心強かったです。

 そして毎週ある小テストや定期的に行われる実力試験は、その時の自分の問題点を把握するのにとても役立ちました。例えばある授業でしっかり復習せずにおろそかにしている部分があると、それは小テストや実力試験の結果に顕著に表れます。このことは復習へのモチベーションを保つことにつながり、テストで出来なかった解き方や問題を徹底的に復習することであいまいな部分を作らず次の範囲に進むことが出来ました。

 栄公会の面倒見の良さはどの塾よりも勝っていると私は思います。今塾選びに悩んでいるなら、栄光会に入ることをお勧めします。高2の時点でどんな状況だろうと、栄光会を信じてあきらめずに努力しつづければきっと良い結果が得られますよ。

 最後になりましたが、怠け者の私が、受かると思っていなかった大学まで合格することができたのは栄光会のおかげです。講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。

 

石田 さやか  東京理科大学 工学部  (私立 女子学院高等学校卒)

 私は高2まで大手予備校に通っていましたが、その頃の私は部活もしていたため、予習も復習も十分に出来ておらず殆ど吸収出来ていませんでした。その上高3ではテストゼミ形式に変わると知り今のままではいけないと思い、通っていた予備校をやめて1月生として入塾しました。

 栄光会での約1年は私にとって驚きの連続でした。以前から噂でスパルタで宿題がとても多いと聞いていました。しかし実際行ってみると、確かに宿題は多いですが決して無理な量ではなく、また厳しさも出来ない人にではなくやらない人に対するものだったので想像していたものとは大きく異なりました。また、せざるを得ない状況ではありましたが、定期テスト前以外に家で勉強する習慣がつきました。そして何よりの驚きは英語の成績の急上昇でした。まず、小テストに向けて毎日空いた時間に単語帳を開く習慣がつきました。その小テストも範囲を少しずつずらしていくことで何週かに渡って同じ単語を目にするのできちんと定着させてから次に進んでいくことが出来ました。そして、入塾してからしばらくたった頃の模試で、それまでと比べて明らかに読めるようになっていて、解けた問題数に大きな差は無かったものの点数が全く違って驚いたのを今でもよく覚えています。全てを1から教えて下さるので、人によっては初めのうちは簡単で退屈に感じてしまうかもしれません。ですが、そんな日こそ授業のうちにその日やったことは全て覚えてしまいましょう。授業で集中できた分だけ復習の時間が減り、残りの時間を他の教科に当てることができます。

  今まで定期テストに向けてしか勉強してこなくてどのように勉強していいか悩んでいる人、今通っている塾や予備校でいいのか不安な人などに栄光会はぴったりです。講師を信じて言われたことをきちんとやれば必ず伸びます。

 1年間という限られた時間ではありましたが、ご指導くださった講師の方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

石原 佑輔  東京理科大学 経営学部  (私立 獨協高等学校卒)

 僕は11月生として、数学と英語を受講しました。それ以前は予備校に通っておらず、学校の勉強しかしていませんでした。当時の僕は数学も英語も何となく解いていたので、このままではさすがにまずいと焦りを感じていました。基礎学力に不安を感じていた僕は、基本的なことから教えてくれると評判だった栄光会に入塾しました。実際入塾してから数学も英語も1から教えてもらう事ができました。

 入塾前、課題の量が多く、厳しいという評判を聞き、不安に思っていました。しかし計画立ててやればこなせない量ではありませんでした。授業の始めに各教科、確認テストがあります。小テストで良い点を取るために復習もしっかりするので、着実に身につきます。

 栄光会はとても面倒見がいい所であると思います。具体的には毎週の小テスト、年に2、3回行われる復習テスト、定期的な講師との面談です。面談は他の大手予備校とは異なり講師が勉強だけでなく、進路についても相談にのってくれます。自分の学力レベルを把握している講師が面談してくれるので、効率的で価値のある話し合いをすることができました。夏休みや冬休みといった長期休みも自分で立てた勉強計画に対してアドバイスをくれるので安心して勉強できます。さらに栄光会で受講してない科目でもおすすめの教材や勉強法を教えてもらう事ができます。

 僕が栄光会に入って本当に良かったと思ったことは、講師の方々が親身になって僕の相談にのってくれたことです。

 受験生の皆さん、栄光会の授業をしっかり吸収したら、それが糧となり、必ず実力がつきます。

 最後になりましたが、僕の受験に携わっていただいた栄光会の講師の方と事務の方、1年間お世話になりました。本当にありがとうございました。

 

板橋 なつみ  国際基督教大学 教養学部  (私立 女子学院高等学校卒)

 部活を引退した直後の11月、当時私は英語の授業を大手予備校でとっていました。しかし、面倒見が良いとは言えない環境の中、教壇でマイクを使って一度に100人規模の生徒を教える講師から必要な情報を得て、自分の力で成績を上げていくという事は、私にとって難しく、塾を変えようかと本気で悩んでもいました。

 そんな折、私が通っていた高校の生徒が多く通っていると噂の栄光会の事を知り、このまま塾を変えなければ成績が上がらない今の現状を打破出来ないのではと思い、11月生として栄光会に通うことにしました。

 授業が始まって一番驚いたことは、やはり毎週の小テストに向けた課題の量です。それまで通っていた大手予備校とは比べ物にならない量の課題が出されましたが、こなせない量では全くなく今思えばとてもちょうど良かったと感じています。また、毎週テストを提出する際に講師と一対一で話す機会が与えられ、授業で腑に落ちなかった点の質問や今後の相談などを何の抵抗もなくすることが出来たことも、先生との距離が近い栄光会だからこその特権だと思っています。

 直前期の集中学習では、毎日10時間近く集中して勉強することが出来、英語しかとっていない私でも常に数学、物理、化学の質問を受け付けてもらえて、学校もないこの時期にその場ですぐに疑問点が解決するのは大変ありがたかったです。

 私は栄光会を選んで正解だったと思っています。今通っている塾に満足出来ていない、なぜだか成績が上がらない、今まで塾に通っていなかったけどそろそろ行きたい、、、なんて方は、是非一度体験授業に参加してみてください。

 高3の3月に満開の桜が咲くことを心から祈っています。

 

一ノ瀬 大吾  早稲田大学 商学部  (私立 日本大学第二高等学校卒)

 私は1月生として栄光会に入り、英語を受講しました。

 私は高校2年まで定期テストは赤点さえ回避できればよいと考えていて、学年での順位も下から数えたほうが早いくらい勉強は苦手としていました。しかし、高校2年も終わりに近づき、漠然と受験を考えはじめたころ、11月生の友人に栄光会を紹介してもらい、入塾することにしました。

 栄光会のいいところを2つ挙げます。

 まず1つ目としては、英語を1から教えてくれるところです。私は英語にはかなり苦手意識を持っており、基礎にすらついていけるか不安でした。しかし栄光会の英語は基礎の基礎から始まります。具体的には5文型から始まります。基礎の基礎から始まる分、毎週出る課題、毎週の小テスト、1週間課題をこなすだけで精一杯なほどでしたが、それを毎週こなしていくうちに受験英語の力が自然とついていったのだと思います。

 2つ目は生徒と講師の距離が近いところです。毎週の小テスト返却に伴い短い個人面談があり、講師は現在の勉強の進み具合や今後なにをしていけばよいかなど、細かい指導をしてくださります。面談があるからこそ、勉強をさぼる気持ちも減り、勉強のやる気も出た気がします。

 長期休み前には長めの面談で志望校の再確認や、英語以外の科目の勉強時間と参考書の進め方のアドバイスなどにも細かい指導をしてくださりました。

 受験は結局のところ自分次第です。けれど、第一志望に行くことを考えて栄光会の課題やテストをさぼらずやれば第一志望合格は見えてくると思います。

 私は栄光会を信じ、早稲田にこだわり1年間嫌いな勉強に取り組みました。その結果、早稲田の第一志望の学部に合格できました。栄光会を友人にあの時紹介してもらったから、栄光会に通っていたから、第一志望に合格できました。断言できます。

 栄光会に入っている、もしくは入ろうか考えていて第一志望を目指す受験生の皆さん。栄光会を信じて1年間頑張ってみてください。きっと結果が出ると思います。

 最後になりましたが、栄光会の方々、本当にお世話になりました。1年間ありがとうございました。

 

猪森 菜月  早稲田大学 文化構想学部  (私立 雙葉高等学校卒)

 私は11月生として栄光会に入塾しました。中高一貫校で中学時代は全くといって良いほど勉強していませんでした。高2の秋、部活を引退して周囲が受験体制へと移行しつつある中、勉強する習慣の無かった私が選んだのは、11月からスタートして基礎から指導してくれるという栄光会でした。栄光会では毎週小テストや課題があり、量がとても多く徐々に難解になっていくため大変ですが、そのおかげで勉強が嫌いだった私は毎日勉強する習慣が身につきました。毎回の授業の復習、小テスト、課題をこなせば確実に力は付きます。栄光会は少人数制であるため、講師の方々は生徒1人1人の実力を把握していて、それぞれに応じてアドバイスをしてくださいます。講師の方との距離が近いため、質問しやすい環境が整っています。栄光会に入塾したことで、受験というものを経験したことが無かった私が1年間非常に充実した受験生活を送ることができました。栄光会に入塾していなかったら今の大学に合格することも出来なかったと思います。受験に向けて良いスタートダッシュを切りたい方、一からやり直したい方、勉強する姿勢になかなかなれない方、栄光会に入塾することをお勧めします。最後になりましたが、講師の方々、事務の方々、1年間本当にありがとうございました。

 

今村 葵  慶應義塾大学 文学部  (私立 雙葉高等学校卒)

 私は11月生として数学を、講習として英語を受講しました。私が栄光会に入塾したのは、1年で基礎からやり直して難関大に合格させる塾があると聞いたからでした。高校のときは習い事に週6日通い、勉強などほとんどしてこなかったために基礎すらままならない状態であった私は、栄光会という塾の話を聞いて、藁にもすがるような思いで入塾しました。

 授業は週に1回で、本当に基礎の基礎から習うので、このままで受験本番に間に合うのかと心配になったこともありましたが、そのような心配は無用だったことに気づかされました。授業は非常に濃密なものでしたし、宿題や毎回の小テストもまた自分の実力や理解度を確かめることの出来るような良問でした。初めは多く感じられた宿題も、授業で教わったことを意識しながらこなしていくことで、自分がどの程度の問題まで解けるのかを指し示す指標となっていきました。さらに、毎回授業後に行われる面談では、小テストで間違えた問題の解説だけでなく、どのように考えて解けばよいのか、私のよくする間違いはどういったものか、など、丁寧にアドバイスしてくださり、他の科目も含めた受験勉強の相談にものってくださりました。

 上記の内容からもうかがえる通り、栄光会は講師の方々との距離が近く、勉強面、精神面ともに支えてくださることが大きな魅力であると私は考えております。私の場合、センターで失敗して焦っていたときに話をきいてくださり、気を取り直して二次に向けて頑張るようにと励ましの言葉をいただきました。おかげで、二次と私大にむけて気持ちを奮い立たせることが出来ました。第一志望校に合格することは出来ませんでしたが、自分の力を出し切り悔いなく受験を終えられたのは、栄光会のおかげです。栄光会を信じて1年間通い続けたからこそ、今の自分があるのだと思います。

 最後になりましたが、1年間お世話になりました講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。受験生の皆さん、栄光会と自分自身を信じて、最後まであきらめずに頑張ってください。皆さんのご健闘をお祈りしています。

 

植田 洸貴  中央大学 理工学部  (都立 青稜高等学校卒)

 私は高校2年の11月に栄光会に入塾し、英語と数学を受講しました。入塾のきっかけは母の勧めで、ホームページを見て力強い言葉に惹かれ入塾しました。また、私は自ら勉強するといった意志が弱かったために面倒見の良さに期待をしていました。入塾して数学も英語も毎週小テストがあり、数学は授業後に面談を行い勉強法など指導して頂きました。しかし数学を重点的に勉強し過ぎたせいで英語の成績は一向に伸びませんでした。自分の勉強が足りないことを、講師のせいにしていました。夏までには数学の偏差値をかなり上げられたのですが、やはり英語が伸び悩みました。他の英語の講師に自分の状況を相談したところ「“アプローチ”が足りない」と指導を受けました。序盤から遅れをとっていた私はそのアドバイスをもとに毎週授業が終わるたびに、基礎の基礎から質問しに行きました。すると講師は適確にとても丁寧に指導して下さり、少しずつではありましたが成績が上がってきました。この時もっと早くから積極的に“アプローチ”しておけばよかったと思いました。

 私が自分の経験を踏まえてどうしても伝えたいことは講師へ積極的なアプローチをすることです。私の数学の講師のように毎週面談を行ってくれる講師もいますがそうでない講師もいます。分からない問題はもちろん簡単な問題でも勉強方法のことでも何でもすぐに講師に頼ることが一番大切だと思います。他の塾に通う必要は全くないと思います。講師の言うように勉強していれば絶対に成績は上がります。特に授業の復習と小テストの勉強をしっかりこなすことは必須だと思います。焦りもあると思いますが栄光会に入塾すれば成績は必ず上がります。受験最終日まで成績は上がり続けます。最後まで諦めずに頑張りましょう!

 最後に1年間栄光会には本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

大町 めぐみ  上智大学 総合人間科学部  (私立 晃華学園高等学校卒)

 高校2年の秋までクラブ活動中心の生活を送っていた私の成績は今思い返しても悲惨な状態でした。特に日々の積み重ねが必要な英語は明らかに同級生の中でも遅れを取っていました。どうすればその遅れを取り戻し、受験勉強に入っていけるのか途方に暮れていた時に知人からの情報で「栄光会」のことを知りました。「入塾時の成績は不問。1年で必ず希望の大学を目指せる学力まで持っていく。」という言葉を信じ、ここで頑張ろうと決めました。

 栄光会の授業は基礎からです。大量の単語、熟語を覚えながら文法を確実に身に着けていきます。覚悟はしていましたが毎週の小テストのための勉強と宿題、そして授業のスピードについていくのは本当に大変でした。しかし短期集中型の授業は私に合っていたようで、11月に始めて翌春5月の模試のころには苦手だった長文読解が以前ほど苦ではなくなっていることを感じて自分でも驚きました。

 最初はついていけるか不安だった授業もだんだん楽しいと思えるようになり、講師が個人に合わせてたててくださる勉強計画書に沿って取り組めば必ず実力がつくことを実感しながら1年は過ぎました。

 栄光会での授業は受験前の10月で終了しますが、担当の講師は受験校についても相談にのってくださり、その後の受験勉強の進め方もきちんとフォローしていただきました。

 おかげで私はセンター試験の英語も高得点を取ることが出来、第一志望校にも合格することが出来ました。栄光会は私にとって最適の塾でした。ご指導本当にありがとうございました。

 

大薮 陽太  東北大学 工学部 (都立 西高等学校卒)

 私は11月生として栄光会に入塾し、英語を受講しました。入塾した理由としては、栄光会に通っていた兄と親からの勧めがあったことが大きく、それまでほとんど勉強をしていなかった私は、まずは苦手な英語だけでもなんとかしようという思いで英語を受講することを決めました。

 栄光会の授業は基礎の基礎から始まり、英語に関しては5文型の話から授業が開始されます。始めは「こんな中学でも習った事なんかからやっていていいのだろうか」と不安に感じることもあるかもしれません。しかし授業にしっかりとついていき、課題をこなし、本当の意味での基礎を身につけた時、それまでとは全く違った見方で英文に向かい合うことが出来るようになり、大幅に実力を上げることが出来ます。受験勉強をしていく中で必ず耳にする「基礎が1番大事」という言葉、この言葉を最後まで信じることが出来たのは栄光会の授業のおかげだったと思います。

 また、栄光会では講師との距離が非常に近いため、授業以外でのサポートも充実しています。授業ごとに直接相談できる機会が設けられているので気軽に相談することが出来ますし、定期的に面談を行い、自分に合った学習予定を一緒になって立ててもらい、その後継続的にチェックしてもらえるので、自分1人では甘えてしまう、不安だ、という人でも安心して学習を進められます。さらに、授業をとっていない科目についても参考書や詳しい進め方まで教えてもらえます。私は英語と数学以外の科目は塾には通っておらず、自分で学習をしていたのでこのサポートには本当に助けられました。信頼できる教材を上手に使っていくことで、勉強していくうえでの自信やモチベーションに繋がっていきました。

 私は入塾時、本当に英語が嫌いで、学年でもほぼ最下位でした。しかし、栄光会の厳しく、丁寧な指導のおかげで最後には英語を得意科目の1つとすることが出来、無事に第一志望に合格することが出来ました。本当に担当してくださった講師の方をはじめ、栄光会の方々には感謝の気持ちしかありません。ありがとうございました。

 

尾崎 文彦  東京理科大学 理学部  (私立 東京電機大学高等学校卒)

 私は11月から英語を1月から物理を受講していました。入塾のきっかけは家から近くて、受講料が他塾に比べて、安価であることでした。最初、パンフレットを見た時、聞いたこともない塾だし、本当に大丈夫なのかと疑っていたので、まずは体験授業を受けてみようと思い、英語の授業を受けました。受講してみると、自分が今までいかに曖昧な勉強をしてきたかが分かり、講師の受験指導に感服しました。初めは、高1でやるような内容だったので、本当に受験に間に合うのか心配でしたが、しっかりと基礎を身に付けることが出来、応用もスラスラと出来るようになりました。私は知った気になっていることが受験ではすごく危険だと思いました。そのため、基礎の基礎からやることでしっかりとした土台を築くことが重要だと思いました。結果的に私は苦手意識のあった英語を克服することが出来ました。

 特に私が受講を勧めたいのが物理です。栄光会の物理は基礎から応用まで全てをカバーし、講師の指示通りしっかりと勉強すれば、受験における悪問を除く全ての問題を解けるようになります。そのため、復習や宿題なども並大抵の量ではなく、講師の指導もかなり厳しく、最後までやり抜くのは大変です。しかし、最後までやり抜くと、それが自信になり、受験において、物理を得点源に出来るようになります。受験において絶対的な自信のある科目が1科目あるだけで気持ちの面でもずいぶん楽になり、ほかの科目にも良い影響をもたらしてくれました。物理という科目は暗記科目ではないので、独学でやることが難しいように感じます。そのため、今、物理が苦手な人も得意な人も受講することを強く勧めます。

 最後になりましたが、お世話になりました講師の方々、並びに事務の皆さんには大変感謝しております。1年間ありがとうございました。

 これから受験をなさる皆様のご健闘を心からお祈り申し上げます。

 

尾崎 允彦  早稲田大学 創造理工学部  (私立 成蹊高等学校卒)

 私は高校2年の11月に栄光会に入塾しました。11月には英語を受講し、1月に物理を受講しました。英語が苦手だったのですが、最初は文型から授業が始まり、基礎から教えてもらえたので、今まで学校で習ってきて全く出来なかったものが栄光会の1年間で飛躍的に出来るようになりました。物理も基礎から教えていただき、最後には難関校の問題も解けるようになっていました。

 栄光会の講師の方々はとても熱心に指導してくださり、質問があれば、いつでもメールなどで答えてくださいました。また、毎週面談をしてもらえたので、自分の進み具合がどうか随時確認してもらえましたし、塾に通っておらず自分で勉強していた数学や化学の勉強方法や参考書も教えてもらい一緒に計画を立てていただきました。ここまで生徒のことを考えている講師は他にはいないと思えるほど丁寧に色々なことの相談にのってもらえました。授業はどれも基礎から始まるので苦手な人でも大丈夫ですし、ただ暗記したりするのではなく体系的に学び応用問題に対応出来るように教えてくださるので、英語は10月、物理は12月まで単元学習をやっているのに、他塾の人にも全く劣ることは全くありませんでした。

 正直に言うと、最初のうちは、宿題の量が多く大変でした。しかし、実際にやっていくとそれは受験生にとっては必要な量でした。また、その人のレベルや状況を見て宿題を変えたりしてくださったので、多すぎて出来ないということはありませんでした。この宿題のおかげで格段に力が付きました。大学受験で宿題を出す塾はあまりないので自分だけではサボってしまう人には特にいいと思います。1年間で高校の範囲のすべてをやるのは少し過酷かもしれませんが、逆に言えば1年間あれば受験はどうにでもなると思います。まさに、栄光会が受験の最短コースだと思います。私も栄光会を選んだから合格できました。もし、悩んでいるのであれば、ぜひ栄光会に入塾してみてください。最後に、1年間お世話になった講師・事務の方々、本当にありがとうございました。

 

片山 璃沙子  東京理科大学 基礎工学部   (私立 吉祥女子高等学校卒)

 私は、11月生として1年間数学を受講しました。他校の先輩の紹介で栄光会を知り、すぐに入塾を決めました。栄光会は講師の面倒見がとても良いと聞いていたので、すぐ怠けてしまう私でも頑張ることが出来るかなと思ったからです。

 初めて栄光会の授業を受けたとき、こんなに簡単なことばかりやっていて意味があるのかなと少し不安に思っていました。しかし、これがまさに栄光会の良いところで、基礎の基礎から教えてもらうことで、絶対に揺るがない土台を作ることが出来たと思います。私は栄光会で基礎の大切さをとても強く実感しました。基礎が分からない状態では、どんなに難しいことを学んでも全く意味がないと思います。逆に基礎がしっかり出来ていれば、どんなに難しい問題でも解くことが出来るようになります。信じられないかもしれませんが、これは本当です。

 どの塾でも予習や復習はとても大事ですが、栄光会では特に復習がとても大事にされます。毎週、授業の復習が課題として出され、授業の度に講師に復習の仕方を見てもらうので、サボることもありません。また、質問対応もしっかりしてもらえるので、毎週の内容を完璧にしながら勉強を進めることが出来ると思います。小テストもあるので、モチベーションを保ち続けることが出来ます。このように、栄光会はやるべきことが明確に分かっていて、講師の言う通りにやれば良いので、成績を上げやすいと思います。

 そして最後に、栄光会の一番の魅力は、講師の熱意です。栄光会の講師は学生がほとんどですが、生徒のために全力を尽くしてくださる一生懸命な方ばかりです。私は、講師の熱意のおかげで1年間頑張ることができたと思っています。

 本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

金子 果歩  早稲田大学 商学部  (私立 頴明館高等学校卒)

 私は11月生として数学、英語を受講しました。

 栄光会の授業の最大の魅力は効率の良さにあると思います。数学の授業では、分野ごとに問題を解く上での頭の動かし方を学ぶのですが、たくさんある解法の中で最も理解しやすく、効率の良い方法を教えてくださいました。家庭学習用の演習問題も、効率良く授業の定着度を測れる良問ばかりです。これは市販の問題集を使っての自宅学習では難しいことです。英語の授業は品詞の特定、第5文型から始まりますが、基礎となる構文把握を徹底して最初に学習することで、本番近くには応用問題や知識量を増やすことに専念できました。

 また、講師と生徒の距離が近いのも栄光会の魅力の1つです。毎授業ごとに小テストを受け、講師に1週間の勉強の成果を報告するこがモチベーションに繋がっていました。定期的に行われる面談では、進路指導だけではなく、自分にあった問題集、勉強法を考えてくださりました。

 入塾当初、私は自宅から電車で40分、高校からは1時間半以上かけて栄光会に通っていました。日々の家庭学習と通塾を両立することに体力的限界を感じたことも何度もありました。しかし、栄光会の高密度な授業は受けていて楽しく、講師も信頼できる方ばかりだったので、気づけば長距離の通学も苦ではなくなっていました。入試本番はいつも緊張と不安でどうにかなりそうでしたが、栄光会からの帰り道、夜の満員電車で必死に小テストの勉強をしていたことを思い出して、「私は栄光会で1年頑張ったんだから」と言い聞かせることでなんとか平常心を保っていました。

 これから受験を迎えられる皆さんは、どうか最後まで諦めずに、頑張って下さい。栄光会の講師を信じて、課題を怠らず勉強すれば、きっと大丈夫です。

 最後になりましたが、お世話になった講師の方々、事務の方、本当にありがとうございました。 栄光会のおかげで志望大学に入学することができました。

 

鎌田 萌  慶應義塾大学 文学部  (都立西高等学校卒)

 私は11月生として英語、数学の授業を受講いたしました。栄光会に入塾するまでの私は、ぼんやり学校の授業を聞き、先生に出された課題をし、定期考査の直前のみ勉強をするくらいで、自発的な勉強というものをしておりませんでした。部活で忙しく、そのような生活を送っていた高2のとき、はじめて塾に入るということを意識し、母から聞いて栄光会を知りました。栄光会の、個人の学力に応じた指導を行い、基本事項から復習していくという案内文に惹かれ、入塾を決めました。

 まず英語の授業は、文型を意識しながら英文を読んでいくというものであり、私は今まで文型を意識したことがなく、英文を感覚で読んでしまいがちだったため、とても戸惑い、驚きました。しかし毎週の授業によって次第に構造を理解しながら英文を読み進めることができるようになり、読解だけではなく英文和訳なども自信を持って解答できるようになりました。英語の文法を本質的に理解するので、栄光会の英語の授業で教えていただいたことは受験勉強のためだけのものではなかったと思っています。また、単語・熟語・文法などの小テストが毎週授業開始時に実施され、非常に暗記の作業が多いと感じましたが、この毎週の小テストによって圧倒的な語彙力不足が解消され、英文が読みやすくなり、何より毎日勉強するという癖がつきました。

 数学は、問題をそれぞれパターン化して解法を学ぶ、という授業でした。私は数学に苦手意識を感じていましたが、基礎から応用まで幅広く問題を用意してくださっていたので、様々な問題に取り組み、定着度を高めることができました。栄光会の数学を受講したことで学校の数学の授業も理解できるようになり、数学を勉強することが全く苦ではなくなりました。

 私にとって栄光会の最大の特徴は、少人数制であると思っています。講師と生徒の距離が近く、私のどんな質問でも時間をかけて答えてくださいました。

 受験を終えてみて、私は栄光会で1年間頑張ってよかったと切に感じています。最後になりましたが、お世話になった講師の方々、事務の方々、ありがとうございました。

 

亀山 ちひろ  東京外国語大学 言語文化学部  (私立 国府台女子学院高校卒)

 私は11月生として栄光会に入塾し英語と世界史を受講しました。周囲が続々と塾選びを始め、私自身も焦っていた時に出会ったのが栄光会でした。それまで勉強はテスト前にしか行わなかった私は、本当に1年間で自分の学力を引き上げられるのか不安でした。しかし、栄光会は入塾当初の学力は問わず基礎から指導してくれると聞き、入塾を決めました。

 英語の授業に関して言うと、入塾以前まではなんとなく文脈で判断するという読み方をしていましたが本当に初歩的な構造(5文型)からみっちり教えて頂けて、初めて英語を‘理解する’ことができました。特に長文を読む際のテクニックは入試本番でも大いに役立ってくれました。また、毎週の小テストに備えて単語・熟語を暗記する習慣が身についたのも良かったです。

 世界史では10か月ほどで全ての学習を終わらせるために膨大な量の課題が毎週課せられ、自分はついていけるのかという不安はありましたが、それをこなせば確実に実力と自信がつきます。毎週行う小テストも本番さながらで、正解だけでなくそこにたどり着くための思考方法まで指導して頂けます。

 もしあなたが栄光会への入塾を迷っているなら、私は自信を持って入塾をオススメします。定期的に行う講師との面談や勉強のスケジュールの相談など1人1人への細やかな指導は大手予備校では受けられないものです。私は他の塾には通っていなかったため、次に行うべき問題集の相談など栄光会の講師の方に頼りきりでした。志望校合格に最も必要なものはもちろん本人の努力ですが、受験のノウハウを熟知した講師の方々の指示通りに学習を進めれば、確実に、そして効率的に合格に近づけます。

 最後に、早稲田大学政治経済学部・教育学部、上智大学外国語学部、そして高校1年生の時からの憧れだった東京外国語大学に合格できたのは栄光会のおかげです。栄光会に入塾していなければ今の私はありませんでした。本当に1年間お世話になりました。

 

河上 昂志郎  明治大学 商学部  (都立 竹早高等学校卒)

 私は、1月生として世界史を受講しました。

 入塾したきっかけは兄が以前から通っていて、「ハードだけど確実に伸びる」と聞いていたので、伸び悩んでいた世界史をどうにかしたく2年の1月から入ることを決めました。当時の自分は別の大手予備校にも通っていましたが、決して真面目に勉強していたわけではなく、ただ通っているだけの状態でした。また、学校での世界史の授業はただプリントの穴埋めをし、答え合わせをするというどこか受け身の授業で、テスト前だけ一夜漬けで覚えていたため、知識はほとんど定着していませんでした。

 そして、栄光会の初授業が始まりました。初めて受けた講師の授業はとても新鮮でした。ただ歴史上の事象を覚えるのではなく、まず最初におおまかな流れを覚え、その後に各用語を覚える事で関連づけて思い出せるようにする。また、なぜそうなったのかという背景を覚えることで忘れにくくする。といったように学校の世界史とは何もかも違う能動的で楽しい授業でした。しかし当時の自分はどうしても大量の課題だけでは好きになれず何回分も溜め込んでいました。そのため前回の授業の内容はほとんど覚えておらず、翌週の小テストではひどい点数でだんだんとやる気がなくなっていきました。

 そして、ある日講師に「このままなら悪いけど見捨てるよ」と言われ、危機感を覚え、やっとスイッチが入りました。まずは講師の言うとおりに復習し、課題を出すことから始めました。すると、小テストの点数も徐々に上がっていき、授業で当てられた時も答えられるようになったりと確実に成長していきました。そして何よりも栄光会に通うことを割りと楽しみにしている自分がいました。

 講師の出す課題の問題集は過去の様々な大学の入試問題から選び抜いたものばかりで、センター試験から上位の私立の問題まで幅広く扱っているので、どんな問題にも柔軟に対応することが出来ました。

 また夏には、世界史の記述問題対策の講座も行っており、もし自分の志望校の世界史に記述問題があるという人には是非おすすめです。

 世界史を武器にしたい人、何をどうすればいいのか分からない人、伸び悩んでいる人、そんな人に栄光会の世界史はおすすめです。講師を信じて付いていけば必ず自分の志望校に合格出来ます。

 最後に、やる気のなかった自分を最後まで見捨てないで指導してくださった講師、事務の方々には本当に感謝しています。また、短い間でしたが本当にお世話になりました。

 

菊地 達郎  千葉大学 園芸学部  (都立 青山高等学校卒)

 皆が塾を探し始める高2の秋頃、私も基礎ができておらずそろそろ塾に通いたいと思っていたところ、母が基礎から教えてくれる塾があると教えてくれました。それが栄光会でした。

 私は11月から英語と数学、1月から化学と物理を受講しました。物理は課題の都合上夏頃にやめました。英語は文型、簡単な単語の暗記、数学は因数分解、対称式と言った初歩的な計算、化学は原子、物理は有効数字の考え方などからとどの授業も初歩の初歩がスタートでした。こんなので1年間で入試に間に合うのかと不安になりましたが、間に合います。それに1番の近道は基礎を1つ1つ完璧にしていくことです。課題は決して少なくはないです。無駄な課題は1つとしてありません。どの課題にも意味があります。通い始めた時は部活もあり忙しくて大変でした。登下校の電車の中では単語、昼休みに計算をやったりしてできる限り無駄な時間を作らないよう意識しました。とはいえ時間と自分の処理能力はたかが知れています。栄光会がいくら良いからといって欲張りすぎて何でもかんでも取ろうとするのはやめたほうがいいと思います。僕の場合、課題が終わらず全部が中途半端になり1つを辞めざるをえなくなってしまいました。

 栄光会の良さは2つあると思います。①小テストの返却や1週間の課題の進捗度のチェックしてくれる面談が毎週あること。②メールによる授業プリントの分からない部分の質問、人生相談ができること。これら2つを簡単に言うと生徒と講師の距離が非常に近いということです。これが他大手予備校塾にはないの栄光会最大の特徴だと言えます。受験は不安がつきものです。親身になって相談に乗ってくれる人が必要です。受験勉強をどうしたら良いか分からない、不安だという人は是非栄光会に入り、第一志望合格の栄冠を勝ち取ってください。

 

木村 光希 中央大学 理工学部  (私立 光塩女子学院高等科卒)

 私は1月生として入塾し、物理を受講しました。高2の後半、高校の物理の授業では物理の根本的な部分を理解することが出来ず、問題集を解く際も公式をひとまず当てはめているだけという状態で、このままでは受験には通用しないと焦りを感じ、塾を探し始めました。この塾は、秋から通っていた友達から勧められて知り、物理について1から教えてくれること、学校からも家からも近いこと、少人数授業で講師との距離が近いことが決め手となり入塾しました。

 噂で、課題が多く講師も厳しいと聞いていましたが、実際そうでした。大量にある授業の復習、例題、難しいレポート問題を自宅学習としてこなし、授業始めには緊張感のあるなか行われる小テスト(ポイント制で不合格だとポイントが減り0になると講師との面談)がありました。かなり辛かったことは否定できません。しかし、講師の説明は他とは比べ物にならない程に分かりやすく、今まで高校の授業で理解出来なかったことや納得いかなかったことを理解でき、毎週の授業はとても充実し楽しいものでした。最初はいつも毒舌で巻き舌するただ恐い人だと思っていた講師も、実はとても優しく私たち生徒の事を心から応援してくれている講師だと途中で気付きました。一見冷めた講師に見えますが、本当に熱意をもって教えてくださる講師だと自信を持って言えます。

 そして私が1番実感したことは、講師のおっしゃったことをきちんとこなせば、確実に力がつくということです。授業や課題の構成に無駄がなく、時間のない受験生が効率的に勉強でるようになっています。どの入試においても物理に関しては落ち着いて自信を持って解答することが出来ました。

 今入塾するか迷っている方には、私は迷わず栄光会に入塾することをお勧めします。絶対に後悔はしません。信じて付いていけば、必ず力がつきます。

 最後になりましたが、講師や事務の方々、1年間本当にありがとうございました。

 

神津 実咲  慶應義塾大学 薬学部  (私立 光塩女子学院高等科卒)

 私は11月生として栄光会に入塾し英語と数学を受講したほか1月から物理、化学を受講しました。

 高2の秋まで英語は勘で解いているような状態で、数学は苦手科目ではなかったものの、模試の成績は安定しないといった状況でした。

 そんな時に基礎から解き方を徹底的に教えてもらえる塾があると聞き、栄光会への入塾を決意しました。

 数学の授業は解き方の体系が一貫しており、この時にはこうするという解答の根拠を丁寧に教えてもらえるので、数学はセンスだという考え方を見つめ直し、ロジカルに問題を解くことが出来るようになりました。また、毎回の小テストによって宿題に取り組む姿勢が変わり、各分野の知識の定着に非常に役立ちました。

 英語の授業は全て理詰めで行われます。文法も5文型などの基礎から徹底的に教えてもらうことができ、長文の解き方から文法問題の解き方まで、全て論理的でとても分かりやすかったです。また毎回単語のテストがあり、自分でペースを作るのが苦手な私にとっては大変有難いものでした。テストに合わせて単語帳を何周もすることで単語力は相当ついたと思います。

 物理は1月までほとんど何もできないような状態でした。直前に公式を覚えて学校のテストはなんとかやり過ごしていたので、いつどの公式を使うのかということは、きちんと理解できていませんでした。しかし、栄光会の物理の体系は非常に分かりやすくまとまっており、私は物理の勉強が人より遅れていたので勉強は大変でしたが、最終的には自分の得意科目にまでなりました。

 化学に関しては、授業で扱われる例題は非常に質の高いもので授業を受けるだけで問題集の問題は楽に解くことが出来るようになりました。

 私の大学受験にとって、栄光会の力は最も大きく、1年間支えてくださった講師の方々には、心から感謝しています。本当に有難うございました。

 

越田 翼  早稲田大学 創造理工学部  (私立 攻玉社高等学校卒)

 僕は、高3の春期講習から栄光会の物理を受講しました。それまでは部活中心の生活で、塾や予備校には通っていませんでしたが、あと残りの1年で受験勉強を完結させるため、要になる物理を1年間で効率よく学べるカリキュラムを探していました。そんな時、部活の先輩から物理の素晴らしい講師がいる塾があり、しかも入塾テスト無しと聞き、入塾を決めたのです。

 栄光会では、授業の最初に小テストがあり、前回の授業内容が理解できているか、毎回確認することが出来ます。小テストの結果は、講師がメールで次回の授業までに知らせてくれますが、成績不振の場合は一対一で面談となり、勉強方法のアドバイスをしてくれます。

 初めての面談で、僕は講師から「君は、感覚だけで解いているね。本番で初見の問題が出たらどうするの?」と指摘されました。当時の僕は、まだ公式を丸暗記し、適当に解法パターンをあてはめて、言わば強引に問題を解いていたのです。

 それからは、まず現象を把握し、本質を理解することが重要と叩き込まれました。本質的な理解に基づいて「頭を動かす」ことが出来るようになると、正しく立式ができ、自然と正解に辿り着くことを初めて経験したときは、まさに目から鱗が落ちたように感じました。

 このように1人1人に徹底した面倒見の良さと、「頭の動かし方次第で、どんな問題も必ず解ける」という講師の言葉を信じたおかげで、それまでは限界を感じていたような問題も、いつのまにか解けるようになっていました。

 授業で使用したプリントは、詳細に書かれた説明に加え、要点がわかりやすくまとめられているため、今でも大切にファイルしています。また、1年間の授業を通して養われた論理的に考える力は、大学入学後も、とても役に立っています。

 

小松 悟  横浜国立大学 理工学部  (私立 巣鴨高等学校卒)

 僕は、姉が栄光会に通っていた縁もあり11月生として数学を受講しました。栄光会の数学の良いところは、学校の教育過程などを無視して、数学のつながりの深い分野を一気に学習することによって自分の中で体系づけられたことだと思います。授業の中では、基礎的な典型問題をやり、宿題として基礎問題の復習、標準問題の演習をやっていましたが、これを積み重ねることによって、自分の中での数学の手法が増えていき、入試問題演習をする際に大いに役立ったと思います。何より、栄光会で1番良かったことは、講師の先生と毎週面談をしたことだと思います。講師と話すことによって、長い受験生活の指針が立てることが出来、どの時期までにどのレベルの問題集をやればいいか、どのくらいの点数が取れればよいかなどが明確に出来たことが多いに役に立ったと思います。また、受験生活における悩みなどの相談に乗っていただき不安な気持ちを取り除くことが出来ました。

 また、僕は物理の通年の講座は取っていませんでしたが、数学の先生に勧められ、夏期講習だけ物理の授業を受けさせていただきました。1週間という短い期間でしたが、物理の根本的な考え方を教えていただき、物理を得意科目へと昇華することができ、受験生活において大きなアドバンテージとなりました。

 栄光会でやってきたからこそ、あまり対策をしていなかった後期試験でも無事合格を勝ち取れたと思います。

 

西郷 悠真  明治大学 情報コミュニケーション学部  (私立 東京成徳大学高等学校卒)

 私は英語の11月生でした。2年生の11月、この頃は受験に対して無知で関心も薄かったです。もちろん大学受験で通用する学力は微塵もありませんでした。そこから受験を終えて感じた、栄光会に通ってよかった点、メリットについてお話します。

 まず「開始時期の速さ」「初歩的なことから取り組む」があります。

 栄光会の英語では大学受験英語をゼロから取り組みます。どんなに優秀な生徒も、そうでない生徒もスタートラインは同じなのです。ですから始めから真面目に取り組めば誰でもついていけます。開始時期の早さの気持ちの面にも多くあります。初回授業で受験の流れ、厳しさ、心構えを教わります。モチベーションが高まり、受験生になることが出来ました。

 授業開始後のメリットは「小テスト」「面談」「授業」の3つです。

 小テストでは英単語などやれば出来る、やらなければ出来ないものが出されます。勉強の継続の手助けになり、核となる知識になります。面談は講師と近い距離で進路指導、授業のフォローをしてくれます。授業は小手先のテクニックではなく、どんな大学受験英語にも対応しうる核心をついた講義をしてくれます。栄光会の授業、課題で大学受験英語は乗り切ることが出来ました。

 最後に卒業生にしかわからないメリットをお伝えします。

 それは「毎週1回授業がある」ということです。当たり前のことですが大きかったです。受験は長期戦です。モチベーションを終始保つことは不可能です。やる気がなくなることがたくさんあります。「勉強なんかしたくない、しかし栄光会の授業日が来る、小テストの勉強をしなければ。」こうして勉強から完全に離れることを防げるのです。この経験を実際に何度もしました。

 栄光会は厳しくつらいときも多かったですが、共に受験を戦う仲間や熱い講師との素敵な出会いと、志望校合格の実力をくれました。

 みなさんも栄光会で受験を素晴らしいものにしてください。

 

齋藤 由季  東京外国語大学 言語文化学部  (都立 東京学芸大学附属国際中等教育学校卒)

 私は高校2年生の英語と世界史を受講しました。どちらの教科も大手の予備校では思うように成績が伸びず、姉が通っていたこともあって栄光会に入会しました。

 英語は比較的得意な科目だと思っていましたが、模試で点が伸びず悩んでいました。栄光会の授業では、基礎である5文型からきちんと教わることで、今まで自分がおろそかにしてきた文法を学びなおすことができました。毎回授業の冒頭に行われる単語と前回の授業内容に関するテストの存在は、単語帳を開く習慣をつけることが出来、怠けることなく復習を続けることが出来ました。また、模試の英作文について相談したときも、効果的なアドバイスを頂き点数につながりました。

 世界史は、授業で紹介されるサイドストーリーこそ覚えていたものの、テストに出題される重要な歴史事項を暗記していなかったため、成績はよくありませんでした。栄光会の授業ではどの歴史事項を、どの範囲まで覚えるかを毎回の授業で提示されることに加え、復習ツールも提供されていたため、あとはやるだけという環境でした。また、下がりがちなモチベーションを保ち続けることが出来たのは、講師の小テストに対するフィードバックや、復習テストの面談のときに頂くコメントのおかげだと思います。努力の程度が点数としてはっきりとあらわるため、言い訳をすることは出来ません。小テストの点数が良かったときに、褒められたことは今でも忘れられません。最後の詰め込みも、こうして毎回頑張ってきたということを思い出し、頑張ることが出来ました。

 集中学習では、今までの自分では想像できないくらいの長い時間を勉強に費やすことが出来ました。センター試験前の集中学習で「もう少し点数がとれるはず」と講師の方から言っていただき、それを信じて諦めずにやって本当によかったと思います。

 最後になりましたが、1年間、本当にありがとうございました。

 

酒向 快  慶應義塾大学 理工学部  (都立 西高等学校卒)

 11月生として入塾し通常授業の数学、夏期講習の数学と物理を受講しました。高校2年の秋頃から数学に苦手意識があり、補強のため塾を探していたのですが、大人数相手に教師が一方的に話して終わりという、大手塾の指導方法が自分に合いませんでした。そこで家族や友人に相談したところ、母の知人の娘さんが栄光会という塾で力をつけたと聞き、とりあえず入塾することにしました。そのとき私が感じたままを書きたいと思います。

 授業を受けてみると、他の推薦文にもあるように質が高く、講師の熱意には始め圧倒されるほどでした。毎週授業前後には個人面接をし、授業内でも常に1人1人の理解度を確かめながら丁寧に進めてくださるので、必ずすべて理解して帰宅することが出来ました。また私は自習を好むタイプだったので、週に2時間という短い授業時間も魅力の1つでした。テキストは要点が凝縮され、かつ整理されているので、授業の質が高いだけでなく、復習も効率よく行うことが出来、大満足でした。

 また、栄光会では宣伝や施設が最低限なために、授業の質に対して授業料は今思うととてもリーズナブルだったと感じています。

 徹底した個人指導や1年間完結型の授業といった特徴は他の塾にもありますが、多くの場合それは特殊な個人塾や名門と言われる塾で、高額の授業料を支払ったり、入塾時の学力や在籍高校を問うものだったりします。栄光会は誰でも受け入れて学力を伸ばしてくれる体制ですので、ぜひお勧めしたいです。

 

佐々木 万里香  北里大学 薬学部  (私立 光塩女子学院高等学校卒)

 私は1月生として入塾し、英語と数学と化学を受講しました。栄光会の存在を知ったのは11月生として入塾した友人から話を聞いていたからで、少人数制で親身に教えてくれるという点に魅力を感じました。私はそれまで塾に通っておらず、高2の夏に大手の予備校の夏期講習を受講したのですが、授業は淡々と進められていき講師と生徒の間に距離を感じました。栄光会では授業の度に一対一で話す時間があり、授業の質問や勉強方法についてとにかく丁寧に教えて下さいました。1人1人の志望校と熟達度に合わせた無理のない勉強スケジュールは確実に私のやる気を起こさせてくれ、効率よく勉強することが出来ました。そのように生徒1人1人の状況をよく理解してくれていて気軽に質問しやすい環境が整っているのが、栄光会の良さの1つだと思います。

 授業は基礎から発展的な内容までカバーしています。英語の長文を読む時には、文型の仕組みなどいかに基礎が大切か気づかされました。毎回授業の始めに行われる小テストは、自分がどの程度理解しているか確かめる絶好の機会でした。課題が多いと聞いていましたが、怠け癖がある私にとってはちょうどいい量だったと思います。そして毎週小テストと課題をこなしていくにつれ自信がついていきました。夏期講習の英語と化学では短い期間でかなり内容が濃い授業が行われ、授業後には正解しないと帰らせてくれないチェックテストがあり厳しいものでしたが、夏期講習で私は大きく成長したなと強く感じました。

 自分が栄光会に入塾していなかったら、栄光会の存在を知らなかったら今どうなっているのか恐ろしいです。栄光会で得た知識はどれも自信に繋がり、ここまで実力を伸ばしてくれた栄光会には心から感謝しています。本当にありがとうございました。

 

佐藤 健太郎  早稲田大学 創造理工学部  (私立 海城高等学校卒)

 私は1月生として、栄光会に入塾し、理系数学と化学を受講しました。栄光会に入塾する以前から大手予備校で数学を受講している期間もありましたが、ひたすら黙々と講師の板書を写すだけの講義に嫌気がさしていました。また、自分は高校3年生の5月まではサッカー部の練習で講義に毎回大幅に遅刻して、悪い時には講義中に寝落ちしてしまうこともあり、私自身大変無駄な時間を過ごしていたと思います。そんな時に、偶然栄光会の存在を知り、基礎の基礎から学びなおせることや毎回小テストの時間があることなどのシステムが私自身を律するには適切だと思い、入塾を決めました。栄光会は大手の予備校と違い、面談等も自分の講義を受けている講師の方々が行ってくれるので、講師の方々は自分の今いる場所と自分の目指している第一志望大学との差を正確に把握しています。そのため、的確なアドバイスを頂くことが出来ます。これは、栄光会の強みだと思います。化学の授業の講師の方が生徒の理解が早まるようにするために、多くの身近な具体例を引き合いに出して教えてくれたので、楽しく学ぶことが出来ましたし、私は栄光会の化学のカリキュラムが終わった頃には化学を受験の武器に出来ました。

 これを読んでいる受験生の中に基礎に不安要素があるけれど、今更どうやっていけばいいのかわからないといった不安を抱いている方がいるならば、私は是非栄光会に入塾することをお勧めします。もちろん、入ってからは毎週の小テストのための準備をしたりする必要はありますが、勉強の悩みならば栄光会の講師の方々はいつでも時間があれば真摯に対応してくれますし、アドバイスも言ってくれます。

 みなさんが栄光会で充実した時間を過ごし、それぞれの納得のいく道に進まれることを心から願っております。

 最後になりますが、多くの場面で手厚いサポートしてくださった栄光会の講師をはじめ事務の方々、今までありがとうございました。

 

神野 侑也  早稲田大学 人間科学部  (私立 日本大学第二高等学校卒)

 私は栄光会に11月生として入塾し、英語と世界史を受講していました。栄光会に入塾する前は予備校で英語を習っていましたが、そこでは演習ばかりで、基礎がしっかり固まっていない私にはついていくのがやっとで、成績もなかなか上がりませんでした。成績が上がらないことに焦りを覚えていた矢先、兄の友人の紹介で知ったのが栄光会でした。今現在の学力がどんなに低くても1年間で一流大学に合格させるという言葉に少し疑いの心を持ちながらも、基礎からしっかり学べるならと入塾を決意しました。

 私は英語の文章を感覚的に読んでいました。しかし、栄光会の授業を受けてからは英文の構造をしっかり意識して読むようになり、英文を感覚的に読むのではなく、論理的に読めるようになりました。また、単語、熟語、文法などの英文読解に必要不可欠な知識面においても、毎週小テストが行われるので自主的に勉強するようになり、自然と力がついてきました。

 2月からは世界史を受講しました。栄光会で授業を受ける前までの世界史の偏差値は常に30台でした。しかし、受講して2ヶ月偏差値は70台にまでなり、入試本番までその偏差値を維持出来ました。栄光会の世界史の授業はただ暗記をさせるのではなくて、出来事の原因・内容・結果やタテとヨコのつながりをしっかり理解させた上で暗記をさせるので、深い理解につながり、効率よく学べました。

 私は、1年間を振り返ってみて、栄光会に入塾して本当に良かったと思っています。自分の周りの友達の成績が上がっていくのを見て不安を覚えることもあると思います。そんな時は、栄光会の講師の方々に相談してみてください。講師の方々は、いつでも親身になって相談に乗ってくれます。今現在の学力がどんなにひどいものでも、栄光会で1年間しっかり頑張れば志望大学に受かることが出来ると思います。勉強できる事に感謝し、栄光会を信じて全力で頑張ってください。

 

杉野 麻里花  千葉大学 文学部  (私立 共立女子高等学校卒)

 私は11月生として栄光会で英語を受講しました。高2で大学受験を意識し始めた当時、私は英語の成績に不安があり、基礎から教えてくれる少人数の塾を探していました。そのときたまたま人づてに栄光会のことを知り入塾しました。

 栄光会の良いところの1つに、講師の先生との距離の近さを挙げることが出来ます。定期的に講師と生徒1人1人との面談の時間があり、各個人のレベルや志望校に合った勉強法や具体的なアドバイスなどを教えてくださいます。受講している科目はもちろんのこと、1日の時間配分のことなども相談に乗ってくださり、とてもありがたかったです。

 また、効率的なカリキュラムも栄光会の魅力です。受験に必要な知識や応用力を短期間で基礎から身につける事が出来ます。授業はわかりやすく丁寧で、内容は充実しており、不明点はすぐに質問することが出来ます。無駄な時間をかけずに済むので、英語だけにかかりきりになることなく、他の科目の勉強時間も確保出来ます。

 栄光会では毎週膨大な量の単語や熟語や構文の小テストがあります。そのための勉強は大変なものですが、しっかりと取り組めば確実な力になります。講師が小テストの結果にコメントをくださるので、自分でも気づかない弱点の把握にもつながります。

 栄光会で1年間勉強した結果、入塾した当初は苦手科目だった英語が得意科目になりました。無事に第一志望校に合格できたのも、栄光会で学んだことが大きいと今になって思います。

 最後になりましたが、ご指導してくださった講師の方々、事務の方々、1年間大変お世話になりました。そして受験生の皆さんのご健闘をお祈りしています。

 

鈴木 龍之介  早稲田大学 文化構想学部  (私立 聖学院高等学校卒)

 私は栄光会では英語を受講しました。入塾前の私は、受験にどう向き合っていけば良いのかわからなかったので、最後まで自分と二人三脚で走ってくれる塾を探していました。たまたまインターネット上で見つけた栄光会の説明をのぞいてみれば、「栄光会の指導に従えば学力は問わず、一流大学への合格を約束します。」と紹介しており、他の大手予備校ではなく自分の手を引いてくれそうな栄光会に入塾しました。

 言われなければ勉強しない習慣が身についているにもかかわらず、志望校は早慶、英単語もターゲットの単語がちんぷんかんぷんという状況でしたので勉強は全て栄光会に任せようと思っていました。栄光会で出される課題は、英単語、英熟語、文法書や例文を各自で勉強して1週間後にテスト、同じ範囲でより詳細なテストを2週間後、3週間後に行い、確実に基礎から英語を身につけていくものでしたので、つまずくこともなく身についた単語は受験の最後まで定着します。もちろん同じ範囲を何度も復習してくれるので、不安を払拭してくれます。栄光会で出される課題は決して重くはありませんでした。1日に2時間ちょっとで終わるので他の科目の足を引っ張ることはありません。

 栄光会のスケジュールでは受験に立ち向かえる学力が完成するのは11月、周りの友人たちが大手予備校で華々しい知識と結果を披露してくるので、とにかく焦ります。1月から5月くらいまでは自分の学力に対するもどかしさがありましたが、6月あたりから確実に学力をつけて周りの人たちより一歩進んだ位置にいる自分に気がつき始めました。栄光会では基礎から丁寧に教え、きちんと栄光会の示した道を歩くように背中を押してくれただけでしたが、驚くほど知識と応用力が身につきます。

 もし受験の時期が近づいても何もしておらず、何をしたらいいのかもわからない方がいたら栄光会の門を叩いてみてください。確実に期待以上の成果をもたらしてくれます。

 

園田 茉奈  慶應義塾大学 文学部  (都立 西高等学校卒)

 私は最後の駆け込み寺のような気持ちで栄光会に入りました。というのも、私は高2まで全くと言っていいほど勉強習慣がついていませんでした。特に英語は悲惨なもので、赤点を取ることはザラ、成績も学年で下位のほうといったものでした。予備校にも通いましたが、生徒の自主性を重んじて単語や文法は各自で勉強させるといった校風だったので私はやろうと思いつつもそれらを結局やらず、成績は低迷したままでした。

 そして高3が近づいたときにさすがにこのままではまずい、間に合わないと色々探して目に留まった予備校、それが栄光会だったのです。1年間(全50回)の授業で英語を一から完成させるというカリキュラムは基礎が抜け落ちていた私にとってとても魅力的なものであり、1年でほかの受験生に追いつくためにはここしかないとの思いから私は1月生として栄光会に入会しました。

 講師が大学生中心ということにはじめは驚いたものの、体系的に作られているプリントや明快な講師の解説はプロの授業のようだといっても過言ではないものでした。特に解く際の「○○を見たら○○の用法だと考える」といった理詰めの考え方は非常にわかりやすく、今まで感覚で解いていた和訳なども得点となるポイントをきちんと押さえて解くことが出来るようになりました。少人数制なので、講師が生徒1人1人の和訳や英作文を見てくださったのも大きなメリットだったと思っています。また、他の方も書かれていると思いますが、毎週のテストのおかげで単語力と文法が飛躍的に伸びたのはもちろん、勉強習慣をつける意味でも大いに役立ちました。

 こうして1年間栄光会に通った結果、高2の終わりには45だった英語の偏差値が高3の10月には66にまで上がりました。栄光会に通うことで自分の学力を目指している大学に手が届くまでに引き上げることが出来る、ということは確かだと思います。

 これを読んでいる方の中には、かつての私のような境遇にある人もいらっしゃるかと思いますが、この案内文を読んで少しでもこの塾の魅力について知っていただけたら幸いです。今までの勉強習慣、学力を返上するための1つの可能性として栄光会を考えてみてはいかがでしょうか。

 最後になりますが、担当してくださった講師の方々をはじめ、事務の方々、1年間本当にありがとうございました。

 

高橋 康平  東京工業大学 第1類  (私立 攻玉社高等学校卒)

 英語、数学、物理の授業を取り、言われたとおりに化学を自習し、無事、東工大に受かった私にとって、栄光会は最高の塾でした。

 私は高2の秋になっても予備校に通っていなかったので、さすがにどこか行かなければマズいと思い、栄光会への入塾を決めました。この時あえて栄光会を選んだのには3つの理由があります。まず、栄光会では基本中の基本から教えてくれるということです。基本にじっくり時間をかけてくれるので、それまでよく理解出来ていなかった分野でも基礎を理解し応用問題でも臆せず出来るようになります。次に、栄光会には現役生しかいない点です。要するに、周りの人が全員同じ土俵にいるライバルであり、仲間であるので、安心出来るしいい刺激にもなります。そして最後に、栄光会は少人数制であることです。具体的には講師1人に対して生徒が十数人程度で授業をします。こうすることで大手予備校などとは違い、講師と生徒の距離が精神的にも物理的にも近くなり、講師との間に信頼関係のようなものが生まれます。信頼関係が生まれて何かメリットがあるのかと思う人もいるかもしれませんが、実際私は講師を信用していたからこそ宿題に真面目に取り組めたし、栄光会を卒業したあとも勉強で困ることはありませんでした。

 栄光会は厳しいという話をちらほら耳にしますが、正直間違ってはいないと思います。授業の内容は難しいし、宿題の量も少なくはないはずです。私も授業についていくのに精一杯でしたし、宿題もわりとギリギリでした。しかし、なんとか食らいついていければ1年後には確実に第一志望の大学に合格するだけの力がついています。もし入塾するか迷っていたら、百聞は一見にしかずと言いますし、ぜひ一度栄光会の体験授業もしくは授業を受けてみてはどうでしょうか。

 

高村 円香  明治大学 法学部  (私立 山脇学園高等学校卒)

  私は栄光会で高2の11月から英語を受講していました。栄光会を知ったのは友達のお母さんから聞いたことがきっかけでした。調べてみるととても厳しいという評判が出てきて、強制されないと勉強しない自分にぴったりだと思い入塾しました。

 栄光会には3つの他塾とは異なることがあると思います。
 1つ目は、他塾が演習などをしているのとは違い栄光会では「品詞に着目する」などの基礎レベルから教えてくださるということです。そのため英語が壊滅的だった私でも授業についていくことが出来て、また基礎レベルからやってくださったおかげで応用問題にも対応することが出来ました。
  2つ目は、毎週の小テスト、年に2回から3回ほど行われる復習テストの制度です。小テストでは、合格点を超えないと退塾を勧めるという恐ろしいことを聞き、勉強をしなければいけないと思い、毎週きちんと勉強することが出来ました。最初は英単語を覚えるのにとても時間が掛かっていましたがだんだん時間をあまり掛けずに覚えることが出来て自分の成長を感じることも出来ました。また復習テストでは何点以上がMARCHレベルなどと具体的に示してくださったおかげでモチベーションを上げて取り組むことが出来ました。

  3つ目は、大手予備校と違い少人数制なので講師の方が自分の成績レベルをきちんと把握してくださっているということです。そのため個人のレベルにあった課題などを課してくださり、その時の自分の弱点を潰すことが出来たと思います。
 最後になりましたが、栄光会はとても厳しく挫けそうになることもありましたが、ついていくことが出来てよかったと思っています。栄光会に入っていなければ、大学に入ることはできなかったと思います。本当にありがとうございました。

 

竹内 健人  国際基督教大学 教養学部  (私立 市川高等学校卒)

 

 私は栄光会に1月生として入塾して、数学と物理を受講しました。自分は部活を高2の夏休み前に辞めていたので、勉強する時間は十分にあったので大手の予備校の季節講習を受講したり、自分で勉強を進めたりしていたのにも関わらず、模試の成績はなかなか上がりませんでした。そんな時に友人から栄光会という基礎の基礎から徹底的に教えてくれるという塾がある、ということを聞いたのがきっかけで入塾を決めました。

 栄光会に入った当初は、こんな基礎からやっていて本番に間に合うのだろうか、という不安がありましたが、授業を受けていくにつれて基礎が本当に1番大事であり、その上に応用的なことを積み重ねていくという体系的に学ぶことが学力向上においての1番の近道であると実感できました。特に、物理においては基礎を徹底的に理解しないことには何も始まりません。自分は入塾当初、物理については法則の名前しか知らなかったので、物理の根本から教えてくれた栄光会には本当に感謝しています。

 また、栄光会では小テスト制度というものがあって授業の始めに毎回小テストが行われます。自分は今まで授業の復習など全然行ってきませんでしたが、この小テスト制のおかげで必死で次の小テストのために頑張るので、継続して勉強する習慣を形成することが出来ました。それに加え、小テストを受けて返却されたものを見返して、もし自分が出来ていなかったり、理解不足なところがあればさらに復習をする、といった勉強のサイクルが学力を向上させる上でとても重要であると思いました。

 栄光会のシステムで自分が1番印象に残っているのが、数学の授業がある日の面談です。

 この面談では、講師とともに1週間の勉強の状況や勉強法の相談、質問、将来のことなどいろいろなことについて話すことが出来ます。私はこのシステムのおかげで、勉強をしていても上手くいかなかったときや、やる気が出なかったときに励ましてもらうことで何回も救われたし、モチベーションを保つことも出来ました。このように、栄光会では生徒と講師の距離がとても近く、自分が習っている講師はもちろんのこと、自分が受講していない科目のことについてもその担当の講師に相談したり、質問することが出来ます。私は英語を受講していませんでしたが積極的に英語科の講師に勉強法などを相談することで、効率よく勉強することが出来ました。

 本当に栄光会の講師の皆さんには感謝してもしきれません。そして受験生の皆さん、栄光会の講師を信じて頑張ってください。

 

竹村 宙美  東京薬科大学 生命科学部  (都立 豊多摩高等学校卒)

 私は1月生として栄光会に入塾し、英語を受講しました。高校に入学してからも勉強する習慣が全くありませんでした。学校の先生が英語は将来絶対に必要になるからと言っていても、英語をやろうという意識がなく、授業を聞いてテスト前は教科書を見て過ごしていました。高2まではそれでもテストは平均点を取れていたのでぼーっとしていました。高3になる前に学校の英語の授業で言っていること使役等の文法がよくわからなかったのでせめて英語だけでも塾か何かで学ぼうと探していました。そこで出てきたのが栄光会で、親が昔通っていて小テストがいいと聞いて決めました。

 栄光会では授業の最初に入塾の決め手となった小テストがあり、単語帳を見ることすらしていなかった私には助かりました。小テストは英単語だけでなく熟語や文法もまとめてやり、本を1周目を終えたら2周目をやるなど繰り返し小テストをやったのでさらに本を開く機会が増え、覚えきれていないものなどもわかりました。授業はプリントが基本なので自分の字を見たり読まないので見直しが楽でした。授業内容は英語の構造について論理的に教えてもらえたので理解や暗記がしやすかったです。そのため勘と感覚で聞いていた学校の英語の授業も先生が言っていることや言いたいことがつかめるようになり、特に5文型は役に立ちました。そして少人数で講師との物理的距離も近いため、ほどほどの緊張感もあり、だらけずにやれたのだと思います。

 センター試験でも模試よりずっといい点が取れましたし、授業の最後の方までどの大学を受けるかや、国立を受けるかなどあまり考えないでいたので、最終的に国立も受けた時はほとんど英作文を練習してない状態だったのですが、覚えた単語や構造に気をつけながら書いたらなんとかなりました。そのときに栄光会に行って良かったととても思いました。

 1年間ありがとうございました。

 

 辻 淳之助  慶応義塾大学 法学部  (私立 本郷高等学校卒) 

私は栄光会で11月から英語を1月から世界史を受講しました。

私は学校の授業をあまり真剣に受けておらず、そのため校内での順位はいつも下位でしたが、それでも慶應に入りたいと思っていました。志望校と実力のギャップに悩んでいた頃、栄光会の存在を知り入塾しました。

英語は基礎からやるので、中学校レベルの文法すら曖昧だった私でも段階的に理解することが出来ました。最初はセンター試験の文章を読むのも苦労していましたが、最終的に早慶レベルの英文を読めるようになりました。また毎週ある小テストにむけて復習を積み重ねることが出来、目標があることでモチベーションを高く保つことが出来ました。さらに、志望する大学・学部ごとの勉強法を教えてもらうことで合格するためにすべきことが明確になり、自信を持って勉強を進めることが出来ました。

世界史は授業のペースがかなり早く、覚えることも多かったので、最初はついていけるか不安でしたが、歴史をストーリーとして学習するため覚えやすかったです。またプリントは写真や図が載っており視覚的に残りやすいです。さらに内容・語句の重要度・頻出度によって明確に区分してあり、センターレベルから早慶レベルの試験まで対応しているので、無駄なく学習することが出来ました。世界史も、英語同様毎回小テストがあったので復習を欠かさずに出来ました。

栄光会では講師とコミュニケーションを多く取ることが出来ました。授業内容の質問から勉強の相談など、様々なことを質問することが出来ました。また英作文や世界史の記述問題を添削してもらいました。入試直前までサポートしてもらえたことは精神的にも強い支えになりました。これらは大手予備校ではなく栄光会だからこそできることだと思います。

私は3年の10月まで部活動を続けていました。それでも勉強と両立し合格することが出来たのは栄光会のおかげだと思います。講師の皆様1年間ありがとうございました。

 

椿 彩花  上智大学 文学部  (私立 女子学院高等学校卒)

 私は高校2年生の秋に11月生として入塾し、英語を受講しました。中3の頃から大学受験専門の予備校に通っていたのですが、授業内容と相性が合わずに段々と成績が下がってしまい、自分に合う塾はないかと探していたところ、高校の先輩がお世話になっていた栄光会の存在を知り、入塾を決めました。

 栄光会の良さは、基礎の基礎から指導してくれるところだと思います。以前まで、英語はとにかく数をこなせばよいのだと思いこみ、実践的な長文の問題ばかりをフィーリングで解いていました。しかし栄光空きに入塾し、文法を一から教えていただいたことで、これまでの勉強では基礎力が身についていなかったのだと気付くことが出来ました。受験が迫っているのにもかかわらずSVOCから勉強し直すというのは少し勇気がいると思いますが、文法をしっかり学ぶことで根拠を明確にして解答できるようになり、結果として英語力の向上に繋がりました。

 毎週行われる小テストも、私が合格できた要因の一つです。単語や熟語等の単調な暗記は自力でやろうとするとどうしても怠けがちになってしまいます。しかし小テストではノルマとなる点数が決められていたため、しっかり覚えよう、と気を引き締めて臨むことが出来ました。最終授業まで何度も何度も繰り返して暗記するため、段々と自信がついていったように思います。

 また、講師の方々がしっかりとサポートして下さることも大きな利点です。30分程度の面談が何度か行われるほかに、宿題を提出する際など直接質問や相談の出来る時間が毎週設けられていたため、不安点をすぐに解決出来ました。このように講師と生徒の距離が近いというのは大手の学習塾にはない、栄光会ならではのメリットだと思います。

 当初は本当に一年間で間に合うのかと不安に思う気持ちもありましたが、今となっては、私が無事に合格できたのは栄光会のお陰だと確信しています。これからの受験勉強を心配している人も、講師の方々に教わることを信じて努力すれば、きっと力がついてくるはずです。

 最後になりましたが、お世話になった講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。

 

長谷川 ゆり  横浜市立大学 医学部  (私立 鴎友学園女子高等学校卒)

 私は高2の11月から栄光会の数学を受け始めました。理系を選択したもののそれまでは理数系の勉強を全くせず、成績が非常に悪かったです。特に数学は偏差値40台と言う時もありました。このままでは自分の将来の選択肢を狭めてしまうという焦りを感じていました。そこで、基礎から教えてくれて、少人数制で、かつ授業料も平均的な塾を探し始めました。そんな中、栄光会を見つけました。12月に部活を引退することになっていた私にとって11月始まりはちょうど良いこともあり、栄光会に決めました。

 栄光会の数学は基礎から丁寧に教えてくれ、定石問題を整理してくれるので、数学が苦手な人にぴったりだと思います。また、宿題と授業中の小テストに加えて、毎週講師と一対一で話す機会があるので、だらけがちで勉強が続きにくい人にも向いていると思います。今思えば、栄光会のおかげで勉強する習慣もついたと思います。

 また、配布される問題集で基礎から発展まで演習出来、問題集の解答解説がとても丁寧なので、一通り定石を理解したら自分で応用力をつける練習も出来ます。夏期講習ではレベルの高い入試問題に挑戦して、自分に足りない点を確認することが出来るため、秋からのモチベーション向上につながります。

 栄光会では、長期休み前に講師との個人面談があり、長期休みのスケジュールづくりを手伝ってもらったり、勉強のアドバイスをもらえます。また、毎週講師と話す機会があるので、質問や受験の悩みも相談出来ます。講師が大学生なこともあり、気軽さと親しみやすさがあります。

 栄光会に通い続け、数学の成績は4月頃からぐんぐん伸び、学校内で10位になったこともありました。一旦成績が伸び始めると勉強は本当に楽しくなっていきます。現時点で数学が苦手でも、栄光会に毎週通い続け、集中して授業を受け、小テストや宿題を怠らなければ数学の成績は必ず伸びると思います。要するにやる気次第です。特に医学部受験では標準問題を落とすと致命傷になります。標準問題が解ける実力を効率よく身につけるためにも栄光会の授業を強くお勧めします。

 

廣瀬 友佳子  国際基督教大学 教養学部  (私立 東京女学館高等学校卒)

 私は姉に薦められて栄光会に11月生として入塾し通年英語と世界史の論文を受講しました。

 英語はそれまで大手の塾に通っていましたが、レベルをあげたことで授業時間が週4時間となったことや、長文をずっと解説する授業形態が自分にあっていませんでした。そのため長文などは自分のレベルに合った課題を自分のペースで解き、けれど毎週小テストがあることで基礎となる単語や文法などは強制的に勉強できる栄光会のシステムは自分にとても合っていたため、栄光会を受講することに決めました。自分で進める課題が多いといっても、担当の講師の方に進度の確認もその都度していただけ、怠けがちな私もこなしていくことが出来ました。質問や相談したいことが出来た際にも、毎週授業後に細かく小テストのフィードバックを受けながらの面接の時間が設けられていたり、いつでも相談に乗っていただけたことで質問や不安などはすぐに解消出来ていました。

 また春や夏のスポット講座も集中的に勉強出来たことでとてもよかったです。スポット講座でお世話になった講師にも受験直前まで世界史の論述を見ていただいたり、英作文の添削をしていただいくことも出来ました。生活リズムが崩れがちな年末年始も集中学習を受講し自分で決めた計画に従って勉強にとても集中出来ました。あの時期に生活リズムをしっかり作り、また集中的に勉強したことは自信につながりました。赤本を多く解く時期でもあるので、いつでも質問出来る環境が整えられていてとてもよかったと思います。

 栄光会では毎週の小テスト制度、そして課題も出して頂け、モチベーションのキープが出来ると同時に、はっきりとしたゴールが見え、未知の受験に果敢に挑んでいくことが出来ました。栄光会での勉強をしっかりこなしていけば志望校にきっと合格出来ると思います。とても親身で、最高な授業を提供してくださる栄光会の講師の方々を信じてついて行ったことが私の第一志望合格への近道でした。これから受験生になる皆さんも、合格への近道を進んでみてください!

 

藤岡 優里   慶應義塾大学 商学部  (私立 鷗友学園女子高等学校卒)

 私は11月生として栄光会に入塾し、英語と数学を受講しました。それまで勉強といえば、学校の定期試験直前につめこむくらいでした。英語は学校の英語の授業が特殊で文法をきちんと習っていなかったため不安になり、数学は受験で使いたいと思い、受講することに決めました。

 英語の授業では最初に小テストがありました。基礎となる単語・熟語・構文をきちんと覚える良い機会でした。また小テストの合計点数が順位づけされたプリントが毎週配られ、上位に入れるように頑張ろうというモチベーションにもつながりました。名前は公表されないので、心の中で一喜一憂していました。授業のプリントの量は多いけれど、とても分かりやすくまとめてあり、復習がしやすかったです。

 数学の授業は例題を授業で解き、それを講師が解説するという形式で進みました。講師は数学の知識が豊富で説明は丁寧で分かりやすく、扱う問題も受験において必要なポイントをおさえたものでした。私は毎回質問をたくさんしてしまっていたのですが、どんな質問にもすぐ答えてくださいました。授業前後に質問がすぐにできる環境でよかった、と本当に思います。学校、模試どちらも今までの自分からは想像できないほど良い成績をとれるようになりました。

 私は世界史選択だったのですが、論述で大切な原因・内容・結果がきちんと学べ、ただ用語を暗記するよりずっと覚えやすいと思いました。

 栄光会は生徒と講師の距離が近く、また少人数制で生徒一人一人へのサポートが手厚いところがとても良いと思います。受験直前期には論述や英作文をひたすらみて頂いたり、つのっていく受験への不安も親身になって聞いてくださいました。栄光会のおかげで、このつらい受験生活を乗り越えることができました。

 最後になりましたが、お世話になった講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。

 

前田 瑠璃  高知大学 医学部  (私立 吉祥女子高等学校卒)

 私は高2の11月から英語を栄光会にお世話になりました。それまでの私は特に英語が嫌いだったこともあり、自主的に英語を勉強することもなく、成績もひどく危機感を感じ、一から英語を勉強するために栄光会に通い始めました。
 
 栄光会の授業では毎回小テストがあるため、日々英語に触れる習慣をつけることができ、自分から英語を勉強する意欲の向上につながりました。

 私が経験して受験期に大切だなと感じたことは主に3つあります。1つ目は「自分がどのように勉強したら志望校合格に近づくことが出来るかを常に考えること」です。栄光会では、あなたの弱点はこれだから克服するためにはこうやって勉強すべきという案を講師が提示してくれます。また相談することで、自分の記述力がどれくらいのレベルであるか、把握出来ると思います。2つ目は「危機感を感じたら、周りに相談すること」です。私は特に高3の10、11月にセンター試験が近づいてくることによる焦りと二次試験の実力がついてきているかという不安で悩んで勉強がはかどらず、浪人を考えていました。しかし塾の講師の方々や、友達、親に悩みを聞いてもらうだけでも気持ちが楽になったり、アドバイスを頂いたりすることでなんとか立ち直ることができました。3つ目は「最後まで諦めないで、粘ること」です。先程11月まで気持ちが萎えていたと書きましたが、12月から二次試験までは良く集中して勉強できていたのではないかと自分では思っています。12月からセンター試験までは、センターに集中して、二次試験の勉強はセンター後にとっておきました。センターが終わり、二次試験まではとにかくセンターでなまった頭を二次試験の頭に戻すことに必死でした。センター後の1ヵ月間、勉強を集中すれば本番落ち着き、自分の実力を発揮出来ることがわかりました。

 最後になりますが、栄光会の良さは無駄な授業時間がなく、家に帰ってからの自習時間がとりやすいことにもあると思います。2時間の授業であれば、学校帰りの生徒の集中も切れません。また小テストの範囲を日々勉強していれば、英語を勉強するのに必要な基盤を作ることができます。しかも、短時間で。1年という短い間でしたが、本当にありがとうございました。

 

槇 廉  新潟大学 医学部  (私立 芝高等学校卒)

 僕は数学を1年間受講しました。栄光会に通い始めるまで数学は苦手科目であり、医学部受験において大きなウエイトを占める数学が苦手なことは大きな問題でした。その当時、僕は数学をひらめきに頼るもしくは莫大な問題をこなして自分の解ける問題を増やしていく科目だと思っていました。そして、その科目を得意にするには、残された高3の1年間では短すぎると半ば諦めていました。しかし栄光会に入って数学に対する考え方が変わりました。栄光会の数学の授業で最重要とされていたことはTEXT問題とその問題を解くための方針つまり思考手順でした。莫大に存在する数学の問題を全てこなすことは不可能ですが、全ての問題には解くための手順が隠されており、そこを押さえることが最も正しい数学の勉強だと感じました。栄光会では他の塾とは違ってその手順の部分を丁寧に教えてもらえます。それは数学の問題を解くための武器を得るようなものでした。かつての僕は単純に問題を解き、その問題だけを解けるようになっていました。しかし栄光会の授業で1つのTEXT問題を解けば、そこから同じ方針を使う他の問題をも解けるようになりました。栄光会で僕は正しい数学の勉強の仕方を学べて、正しい努力が出来ました。その結果、数学が得意科目となり受験で合格することが出来ました。

 また、栄光会の良さは信頼出来る担当の講師がいらっしゃることです。講師からの手厚いサポートがなければ、絶対に僕は合格出来ませんでした。講師には全科目の勉強方法や、受験までの短期、中期、長期の計画立て、精神面での相談などあらゆるサポートをしてもらいました。それらのサポートによって、他の受験生よりも確実に効率よく、また安心して勉強に集中することが出来ました。栄光会で講師を信じて勉強することは受験突破の最短距離だと思います。

 最後に、熱い指導をして下さった講師の方々、1年間本当にありがとうございました。

 

増田 将也  早稲田大学 法学部  (私立 海城高等学校卒)

 私は11月生として英語を受講しました。高校2年生の夏休み明けから、クラスメイトの殆どが塾に通いはじめ、焦りを感じつつも、部活を続けており、また、大手の塾の授業に途中から参加することに不安をいだいていたため、中々通う塾を決めかねていました。そんなときに先輩の紹介と学校前で配っていたチラシで栄光会のことを知りました。1年間で基礎から始めて難関大学に合格する力をつけさせるという謳い文句に魅力を感じ、また、同級生が一斉にスタートするという環境が自分に最適であると思い、入塾を決定しました。

 栄光会での一からやってくれる授業には大変、お世話になりました。入塾前、英語に関してそれなりにできると思っていましたが、授業を受けてみて、基礎の範囲で抜けていることもかなりあることに気付かされました。初めて知ったことや、意味もわからずにただ丸暗記していた事柄の意味を理解出来たことも多く、そういった基礎固めが英語の実力向上につながったと思っています。また、クラスが10人前後という少人数で1回の授業で2、3回は当てられる環境も、怠惰ですぐサボってしまう自分には良かったと思っています。当初、講師が大学生であることに少なからず、不安はありましたが、年齢が近く、気軽に質問出来たこともあり、自分には合っていたと思います。

 個人面談での勉強方法のアドバイスに従い、高3の夏休み明けくらいまでは勉強時間の殆どを英語に費やしました。面談で、なかなかうまくいかない時も英語の勉強は今の調子で大丈夫だと言ってもらえたことが自信につながりました。その結果、模試や学校のテストの英語の成績が早い段階で安定するようになり、9月以降、社会科目などの暗記に集中することが出来、模試の判定も順調に伸ばすことが出来ました。

 大学受験、とりわけ私立の文系では英語の得点配分が一番大きいことが多く、英語の出来不出来が合否に大きく関わってきます。栄光会で基礎固めから始まり、単語テストをこなし、アドバイスにしたがって勉強してきたことで、英語を得意科目として自信を持てたことが、合格に結びつきました。本当に感謝しています。1年間ありがとうございました。

 

三栖 大明  東京外国語大学 言語文化学部  (私立 国学院大学久我山高等学校卒)

 私は1月生として入塾し、英語・数学・日本史の授業を受けました。高校2年生の末頃、私の実力は慢性的に伸び悩んでいました。学校の成績や模試の結果が悪い訳ではありませんでしたが、畢竟「中の上」止まりで、今の自分のやり方ではこの行き詰まりから脱却するのは難しいのではないか、そう思っていました。そこで私は塾に行く事を考え始めたわけですが、何故「ここ」にしたのかと言いますと、これは私の個人的な問題なのですが、みんなで羊か何かの様に歩みを揃えて同じ場所(駿台・河合など)に行くのは下の下だと考えたからです。栄光会にはそんなインディペンデントな方を満足させるに足るカリキュラムがあります、少なくとも私はそうでした。

  英語・数学ともに、栄光会ではある体系に基づいて一から教えます。

 英語では「構文」を重視し、例えば、which, who, whom, whose, thatは形成する節の内側に不完全文を為すが、when, where, why, howは完全文を為す、といった様な構文における規則をみっちりと覚える事になります(上智大学あたりの英語は「構文」さえ理解していれば文章の意味が分からずとも知識で解ける様になります)。また、単語・イディオムの小テストが毎回あるので、自力では暗記が長続きしないという方も、それらを学習するペースを作ってもらえます。英作文についても、担当の講師がテキストを各自の志望校に合わせて指定、指導してくれます。私は元々東大志望だったのですが、その対策でやって頂いていた英作文の指導のお陰でほぼ初見の外語大の英語(英語によるリスニングの要約と意見文の作成がメイン)にもよく対応出来ました。

 数学は本当に一から教えてくれます。当たり前の事かもしれませんが、「何故そうなるのか」をメインに教えてくれます。ただこれは凄い事で、何故かと言うと、「当たり前」の様な公理系は自明であるが故に最も説明が難しいからです。そこに栄光会数学の良さがあります。

 1年間お世話になりました講師の方々に感謝を捧げます。そして今本文を読んでいる方に平安があります様に。

 

盛田 理子  中央大学 理工学部  (私立 東洋英和女学院高等部卒)

 私は高2の11月に英語と数学と物理と化学を受講しました。入塾のきっかけは卒業生である兄をはじめ両親に勧められたからです。宿題が多く大変だと聞きましたが、言われないとやらない性格の私にはぴったりだと思い、入塾しました。

 個々の授業についてはおそらく多くの卒業生が書いてくれていると思うので、私は個人的に栄光会にしかない素晴らしいと思う点を挙げたいと思います。

 まずは、論理的思考に基づく解法を学べる点です。これはどの教科においても言えることですが、他塾や市販の参考書によくある「その問題のみに対する解法」ではなく、「その問題の分野全てに対する頭の動かし方」を基礎からしっかりかつ最短で学ぶことが出来ます。特に数学に言えることですが、栄光会での授業の順番は一見バラバラです。しかし振り返ると、受験範囲を最短で網羅していたことが分かります。体系的に学んでいくので、シンプルで全ての問題に応用できる解法が身に付きます。

 次に小テストについてです。毎週授業のはじめの10~20分を使って前回の授業の理解度を確認します。返却の際に毎回講評を頂けるので、その場で質問が出来たり、何が原因で出来なかったのか、どこを復習し直せば良いのかを一緒に考えて下さいます。

 最後に、面倒見の良さです。これは栄光会の最大の特徴だと思います。とにかく講師との距離が近く、質問・相談しやすい環境が整っています。毎週5分ほど面談の時間があり、質問したり、また勉強法などを相談することが出来ます。メールで質問することも可能なので、次回の授業日を待つことなく質問出来、詳しい解説がすぐに返ってきます。長期休暇の勉強計画も一緒に考えて下さるので、不安を持つことなく勉強に専念することが出来ます。私は指定校推薦で大学が決まったのですが、指定校推薦をとるか一般で頑張るかの相談も親身に乗って下さり、学科試験の対策もして頂けました。

 以上の3点以外にも挙げていけばキリがないのですが、栄光会に入塾するにあたり少しでも参考になれば幸いです。どんなに些細な事でも相談し、講師の方々の言うことを信じてついていけば必ず結果はついてきます。

 最後になりましたが、1年間お世話になった講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。

 

山口 逸平  千葉大学 工学部  (私立 芝高等学校卒)

 私は、11月生として栄光会で英語と数学を習っていました。高2の11月頃まで受験ということをほとんど意識したことがなかったのですが、友人からその評判を聞くなり行ってみることに決めました。

 栄光会は厳しく怖い講師がたくさんいるところなのだろうというイメージを持っておりかなり不安を抱いたまま授業を迎えましたが、優しそうで接しやすそうな歳も離れていない講師の非常にわかりやすい授業が始まりました。正直、数学は宿題の量に全然ついていけてなかったのですが、毎週の授業にしっかり出席して理解しようとし、最低限の復習をしていただけで、模試の時に栄光会で習った範囲はしっかり解けるようになっていました。また、英語も数学も、小テストがかなりたくさんありましたが、講師の様々な工夫により、怠けることなく毎回の小テストにしっかりと望むことが出来ました。さらに小テストは、講師によって添削が行われていたので、記述の書き方も意識することが出来るようになりました。

 栄光会では英語、数学以外の科目についても講師の方々に相談することが出来、さらに10月に授業を終えた後も面談していただきました。また、毎授業前後の面談では、最新の模試の結果を見ていただき、その時自分がやるべきことを的確に指導していただきました。年末年始の冬季集中講習では、他の受験生が怠けがちな頃に朝から晩まで質問も出来る完璧な状況で勉強に集中出来、センター試験へ向けて良いスタートダッシュを切ることが出来ました。

 1年前には勉強の仕方すらわからなかった私ですが、栄光会に1年通ったことにより効率のいい勉強法を学ぶことが出来、非常に有意義な1年を過ごすことが出来ました。講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。

 

山崎 聡太  早稲田大学 先進理工学部  (私立 城北高等学校卒)

 私は11月生として、数学と英語を受講した。入塾したきっかけは、私の英語力の低さだった。数学を受講したわけは塾に行くモチベーションを保つためであった。正直に言うと最初は数学を舐めていて、入塾テストも1位だったので、自分が栄光会で1番などと調子に乗って勉強しなかった。そうすると第2回復習テストでは何人にも抜かれ、自分の成績は決して良いとはいえなくなった。ここから自分の数学の力を上げるために、頑張った。ここで数学が出来るようになる最善の方法を教えたいと思う。それは何度も同じ問題を解く。そしてどういった仕組みで、その答えが導かれるかを独自の方法で理解する。これこそが最善の方法だと思う。これが分かったのは、栄光会の講師の熱心な面談のおかげであると思う。また、1つ良かったことがある。夏期講習である。私が化学の勉強を始めたのは高3の夏からである。その中でも有機化学は赤点ギリギリ回避のレベルであったが、夏期講習6日間を一生懸命化学にのめりこむ事により、試験の時には自信を持って化学に答えられるようになった。また、夏期講習は他にもメリットがあって、講習後に教室を自習室代わりに使えることにある。教室はとても集中しやすく、周りには人もいないので勉強しやすい環境になっていると思う。

 最後になりましたが、講師の皆さん、事務の方々、1年間ありがとうございました。講師の方々の面談はとても役に立ちました。ぜひ後輩たちにも頑張って欲しいと思う。

 

山下 里緒奈  東京外国語大学 国際社会学部  (私立 日本大学鶴ヶ丘高等学校卒)

 私は栄光会で英語と世界史を受講していました。きっかけは父の勧めで、自分のペースを守って勉強を進めたかった私の負担にならない授業数で、尚且つ勉強のモチベーションを刺激してくれる塾ということで栄光会を提案してくれました。

 まず、何と言っても栄光会の魅力は講師の方々の圧倒的な自信であると思います。私が受講していた2科目どちらの講師も「僕について来れば、勉強が間に合わないということは絶対にありません」と仰っていたのが印象的です。どのような授業が合うかは人それぞれですが、半信半疑で物事を学ぶより、これをやっておけば絶対大丈夫!と思って勉強するほうが効率が良いことは言うまでもありません。誰もが初めて通る受験という道で、少しでも自信を持って臨めることは大きな強みになるはずです。

 また、周りが受験期に入っていくと、前に進まなければならないという焦りから基礎が抜けていることに気づきにくくなってしまうし、たとえ気づけたとしてもどんどん進んでいく学校の授業と並行して基礎を自学で詰めていくことは簡単ではありません。基礎に立ち返るのをためらう受験生の足元からきっちり固めてくれるのがこの栄光会であって、1年完結型の授業であるからこそ、基礎の基礎から総ざらいする形で受験に必要な知識の全体像を私たちに提示してくれるという訳です。塾が全てではなく、その授業を基に自分の受験校に合った自学の勉強に取り組めたことが私に合っていたと思います。また、授業前後の空き時間も小テストの対策や、生徒同士で質問しあえる居心地の良い教室であった上、講師と対話できる環境がモチベーションの維持に繋がったと思います。

 栄光会は信じて進み続ける人を必ず合格に導いてくれます。この文章が少しでも、塾選びに悩んでいる方の手助けになれば幸いです。

 最後になりますが、お世話になった講師の方々をはじめ、栄光会には感謝しきれません。本当にありがとうございました。

 

大和 佳希  東北大学 工学部  (私立 富士見高等学校卒)

 私は姉の勧めで11月生として栄光会に入塾し、英語を1年間受講しました。中学生の時から英語は好きでしたが、模試等で成績が伸び悩んでおり、基礎からやり直したいと思い栄光会への入塾を決めました。

 栄光会の授業は学校とは全く異なり、毎週良い刺激を受けていました。まず、毎週の小テスト範囲が非常に広いことです。英単語を1週間で数百語覚えなければいけないときもあり、キツイと思うこともありましたが、今振り返ると、11月から早めに沢山の単語を覚えていったことが、その後効率よく英語を学ぶための土台になっていたのだと思います。次に、講師と生徒の距離が近いことで非常に質の良い授業になっていたと感じます。授業中に問題を解き、それを講師がすぐに1人1人見てくださるので、どこが間違っていてどこまでが正解なのかなどがその場ですぐに分かることがとても良かったです。そのため積極的に講師に答えを見てもらうようにしていました。

 授業自体はほど良い緊張感であったため、居眠りしてしまうという心配をする必要はほとんどありません。授業時間も比較的短く、途中で必ず休憩も入るので、部活や委員会などで疲れている人でも無理なく通うことが出来ます。私自身も高3の夏休み前まで部活、委員会があり正直大変な時もありましたが、講師に話せば課題提出の調整もしてくださるし、勉強と両立するためのアドバイス等も教えてくださるので、とても助かっていました。

 1番良かった点は、講師が生徒1人1人をしっかり見て、各々に合ったペースで勉強方を提示してくださることです。それぞれの志望校に向けての対策も時間をかけて非常にくわしく教えてくださりました。毎週課題を提出する際に一対一で質問が出来る時間がありましたが、他にも1年に数回長い時間をかけて行う面談もあり、そこでは色々悩みを相談したり志望校の問題傾向について話を聞いたりすることが出来ます。私はその面談で長期休みの勉強の仕方について沢山教えていただいたので、夏休みや冬休みを無駄にせずに過ごせました。

 英語の基礎からはじめ、英語以外のたくさんのことも教えてくださった講師や事務の方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。入塾を決めた次の受験生の皆さんが1年間栄光会で頑張っていけるよう応援しています。

 

山本 桜  一橋大学 社会学部  (私立 女子学院高等学校卒)

 私は、11月生として、高2の秋から数学の授業を1年間受講しました。私の出身高校では栄光会に通った先輩が多く、数学が苦手というスタートからでも1年間で入試に備えるという点に魅力を感じました。高2の10月に部活を引退し、これから本格的に受験勉強に専念しようという段階になっても、正直に言えば面倒臭いという気持ちが大きかったことを思いだします。中高一貫で比較的勉強に厳しくない学校で、勉強と部活にかける時間の裁量も自分で決める比重が大きかったので、これからは勉強が最優先になるのかと不安を抱いていました。また、文系でも数学を最低限は勉強した方がよいのではないかと国立大学の受験を決めたものの、基礎固めの不十分さが次第に明らかになりこのままでは到底合格は無理だと思っていました。

 栄光会に入って最も受験に効果的だったと思うのは、学校でもほかの予備校でもなかなか振り返る時間を取れない基礎の基礎から全範囲を教えてくださることです。受験勉強を進めるなかでわかったことですが、一見して歯が立ちそうにない数学の入試問題でも、基礎的な性質を利用して途中まででも回答を作成することができ、またそういった性質がテーマになっている問題が意外とあります。最初からむやみやたらに難問に突入するのではなく本質的な性質から理解するという、一見回りくどいようで実は効率的な勉強の仕方を教えていただきました。丁寧な説明の授業とプリントで基礎を理解した後は、小テストや数多くの入試問題を集めた問題集で演習を行い、より深く定着させることが出来ました。解説が丁寧なので何度でも復習することが出来、入試前にも総復習の弱点補強に大いに役立ちます。

 私が受験を通して最重要課題に思っていたのは、勉強そのものに対する姿勢です。辛い勉強を長い期間集中してやりつづけなければならず、つい他のことに逃げようとする自分の心の弱さを実感する日々でした。受験という競争に勝つためではなく純粋な興味のために勉強出来たなら、ややこしい図形問題も多少面白く取り組めるかもしれない、などとよく嘆いていました。しかし、すでに受験を乗り越えてご自分の興味のある学問を一生懸命に勉強なさっている講師の様子を見て、自分もああなりたい、もう少し辛抱しようと思いました。またやる気がなくなったり計画を立てづらかったりする受験期においてルーティンが非常に役立ちます。1週間に1回栄光会の授業があることで、およそ1週間にやる数学の勉強が確定し(達成出来ないこともありましたが)、なにをやればいいかわからなくなったときもとりあえず苦手な範囲の問題集を繰り返し復習していました。

 勉強への姿勢や勉強の仕方についてさらに言えば、栄光会では受講していない教科の勉強法のプリントなどを配布してくださったのが非常に効果的でした。全体的に栄光会では各教科や勉強全体について質問を受け付けてくださるので、講師に質問すると丁寧に答えてくださいます。

 受験を終えて、栄光会に入ったことが、精神面でも勉強面でも合格に大きな効果を持っていたと思います。栄光会の講師、事務の方々に深く感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

吉田 瑛美  東京理科大学 基礎工学部  (私立 吉祥女子高等学校卒)

 私は1月生として、栄光会で英語を受講しました。中学生のころから英語は大の苦手で、高校生になって大学受験を意識し始めて何とかしようと思ってはいたものの、普段は毎日部活と授業、長期休みは部活に遊びに明け暮れていました。そうしているうちにあっという間に高校2年生になり、私が本気で焦りを感じたのが高2の1月に受けたセンタープレテストでした。普段学校のテストでは平均点くらいはとれていたしなんとかなるだろうと思って受けた結果、100点にも届きませんでした。これは本当にまずいと思って知り合いにお勧めの英語の塾を聞いたところ栄光会を教えてもらって即入塾を決めました。

 始めはSVOCなどの基礎からやってくれて、品詞をしっかり覚えて文構造から文法問題や長文を解く練習をしてくれるので本質から理解出来、受験ではもちろん現在大学の英語の授業でも役立っています。そして、毎週の小テストでもすごく力がつきました。量が多くて大変でしたが、毎日次の小テストのために単語熟語を覚えなきゃ、と通学時間などの隙間時間に単語帳を見る癖がつき、繰り返しやることで確実に覚えることが出来ました。

 あとは、毎授業ごと講師と一対一で話す機会があるのもすごくよかったです。質問したら丁寧に答えてくれるし、英語だけでなく他の科目のどんな参考書をどんなペースでやったらよいかを教えてくれたり、夏休みの勉強スケジュールを一緒に立ててくれてすごく心強かったです。

 私は本当に栄光会に入塾してよかったと思っています。試験が終わった直後は英語出来た!と思いました。入塾前の自分はきっと受験後1番苦手だった英語に手ごたえを感じるようになるなんて思ってもいなかったと思います。本当に今の自分があるのは栄光会のおかげです。ありがとうございました。

 

吉田 英里香  一橋大学 商学部  (私立 晃華学園高等学校卒)

 私は11月生として数学を受講しました。

 小学校から高校まで内部進学をしてきたため、特に受験をした経験がなかった私は、周りの勧めもあって中学生のころから大手の大学進学塾に通っていました。しかし、部活などを理由にして予習復習を怠ったため、そのうち予備校の授業についていけなくなり、数学に苦手意識を持ったまま高2になってしまいました。志望校を決定し、いよいよ焦り始めた私は、自分で数学を一からやり直そうとしましたが、学校のテストの点数は伸びても模試の結果には一向に繋がりませんでした。そんな時に家に届いた栄光会のパンフレットを読み、「基礎を1年間で仕上げる」という言葉に惹かれてすぐに体験授業を受講しました。そして少人数ならではの緊張感のある雰囲気や、基礎を徹底的に磨き上げる授業に魅力を感じて、入塾を決めました。

 初めは、中学生でもわかるような基礎から始まるためこんな進度で受験に間に合うのだろうか、と何度も不安になりました。しかし、基礎を網羅する栄光会の授業を受けていくうちに、自分が完璧に理解していると思い込んでいた分野にも思いがけない盲点がたくさんあったことを知りました。また、私のクラスでは毎回の授業で講師と一対一で話す機会があり、その都度勉強の進み具合を報告したり、悩み事を相談したり出来たため、毎週気を引き締めて勉強することが出来ました。少し多く感じる宿題も、栄光会を信じてやり続けた結果、入塾から半年経った模試では急激に数学の点数が伸び、数学を解くことに楽しさを感じるようになりました。また、その後も、数学が出来ると過信することなく地道な勉強を続けられたのは、栄光会の講師に自分の足りていない部分に気づかせていただいたおかげです。受験直前期には、数学は得点科目となり、自信を持って二次試験に臨むことが出来ました。

 高3の5月の模試ではE判定だった私が、9月にはA判定をいただける程成長できたのは、あきらめずに栄光会の講師の方々を信じ続けて勉強したからだと思います。正直、部活と栄光会の両立が辛く、辞めてしまいたいと思ったことは多々ありましたが、第一志望合格をいただいた今では、あのとき栄光会を選んだ自分に感謝しています。だからこそ、第一志望に行きたい気持ちがあるのに、学力が伸び悩んでいるなら、ぜひ栄光会に通うという選択肢を考えてみてほしいと思います。

 最後になりましたが、1年間お世話になった講師の方々や事務の方々、本当にありがとうございました。

 

吉本 祥大  慶應義塾大学 経済学部   (私立 成城高等学校卒)

 私は11月生として英語の授業を1年間受講しました。私は当時大手予備校で英語を受講していましたが、受け身のみの授業に自分の成長を感じられないと思ったのがきっかけでした。授業内容は満足していましたが、自分に落とし込めておらず英語の実力として身になったかが不安でした。

 栄光会の授業はそれとは対照に、とにかく実践的な授業でした。実力を基礎の基礎から固めるための毎授業ごとの小テスト、読解・文構造理解の演習プリント、講師お勧めの読解テキストなどなど挑戦していくたびに実力が上がっていくことが感じられるものばかりでした。授業中でも講師が小テストの結果などを分析して、間違いやすい単語・熟語や文構造を教えてくださるので受験本番において大きく差をつけるポイントになったと思います。

 そして私が最も栄光会が画期的だと思ったのは授業後の面談を徹底していたところでした。当時私は文章を構文的に理解するのが苦手でしたが、自分で対策を講じようとしても文法書を読むことぐらいしか考えられず、結果として長続きしませんでした。ところが面談をして講師の勧める方法を参考にして勉強すると効率よく続けられる勉強が出来るようになりました。

 また、このように講師との距離が近いのはモチベーションなどの精神面でも自分を支えてくれました。自分との闘いである受験勉強において理解者がいるのは大きなことです。

 最後になりましたが、講師の方々、事務の皆さま1年間ありがとうございました。

 

綿内 美有  北里大学 薬学部  (私立 白百合学園高等学校卒)

 私は11月から英語と数学と物理と化学を受講しました。高校生になってからどんどん怠惰になり学校の成績は落ち、当時通っていた予備校の授業も集中出来ず、それでも部活動は引退まで続けたい、という到底受験を成功させられそうにない自分の状況に焦りを感じ、そこから脱したいと思っていた私は、受験前最後の1年だけで一から仕上げてくれる栄光会を最後の頼みの綱と思い入塾を決めました。

 私にとって栄光会の魅力は、少人数の授業、講師と生徒との距離の近さ、2時間という短い授業時間だと思います。私は大手予備校の様な大人数の授業だと意欲的に取り組めないのですが、栄光会の授業は少人数なので、講師の目が行き届いており、怠けて授業を受ける訳にはいかず、自然と積極的に授業に参加できるようになりました。

 また、授業前後に宿題の提出や小テストの返却などで講師と話す機会があり、その際に授業に追い付けているか、弱点は何か、など勉強に関することだけでなく世間話もしたりしました。また講師の方々は1人1人の学力を把握してくださっているので、今何をすべきなのかを明確に示してくださり、時には他塾の講習を勧めてくださったりもします。講師と沢山のコミュニケーションを取るうちに、受験に関する不安も全部話せるようになり、その度に的確なアドバイスを下さるので、ただの講師としてだけでなく相談相手としても信頼をおけるようになりました。

 そして、栄光会の授業は2時間と短いので、より集中出来ます。私の家は門限が厳しいのですが、後半の授業で延長したとしても21時半、どんなに遅くても22時までには帰らせてくれるので、その点でも有難かったです。

 栄光会は課題が多いと聞いている方は多いかもしれません。私も入塾したての時はちゃんと課題をこなせるかとても不安でしたが、英数物化全科目受講していた私も学校の休み時間や放課後に友達と話したりする余裕はありました。また、小テストで良い点が取れないとペナルティーが課せられたりする科目もあるので、雑に勉強することはなくなります。

 栄光会はとても良心的な塾です。栄光会を信じて真面目についていけば、きっと自ずと合格がついてきます。受験生の皆さん頑張ってください。