卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 平川 慶香  慶応義塾大学 看護医療学部  (私立 共立女子高等学校卒)

平川 慶香  慶応義塾大学 看護医療学部  (私立 共立女子高等学校卒)

平川 慶香  慶応義塾大学 看護医療学部  (私立 共立女子高等学校卒)

私は11月生として栄光会に入塾し、1年間英語を受講しました。

栄光会に入塾する前に大手の予備校に通っていた時期もあったのですが、毎日授業を受けることに必死で予習復習に時間をかけることが出来ませんでした。また授業を聞いて疑問が残っても気軽に質問出来る環境ではなく、自分の身になっている実感を得られませんでした。しかし、栄光会の授業は週に1度のペースだったので1週間のうちの大半を自習に当てることが出来ましたし、授業内容をきちんと消化する時間を取れました。また、講師の方が毎週の授業後に面接をして下さり、1週間の反省や次の週はどのように過ごせば良いかを一緒に考えて下さいました。そして何よりも、1人1人の状況を把握して下さっていて個々にあった指導をして頂けたので受験までの1年間はとても充実したものになりました。私の場合、栄光会に入塾してからは他の予備校に通っていなかったので受験勉強の進め方や志望校の入試問題へのアプローチ法なども講師の方によく相談に乗って頂いていました。

 栄光会では入試に挑むために最も必要と言える基礎を1年間かけて固めていきます。受験まで1年しか残ってないから基礎より応用をやらなくては、と英語であれば長文読解に勉強時間を割くことが多くなってしまうと思うのですが、本格的に過去問対策を始めると如何に基礎が大切であるかに気づきました。栄光会では基礎を固めるための1つとして毎週の小テストがあります。小テストの内容は前週の授業内容の復習問題のほかに、英単語・熟語・文法問題で構成されています。始めのうちは暗記する量が多くて大変だったのですが、1年間同じものを繰り返し覚えテストをするので時間をかけた分記憶に残りましたし単語を見ると同時に意味が頭に浮かぶまで定着するようになったので長文の速読にも役立ちました。また、栄光会の授業・小テストを受け講師の方に指導していただくことでただ量をこなすだけでなく質も重視した勉強をする力が身についたので、11月に栄光会の授業が終わってからも受験本番まで自分を追い詰めすぎることなく勉強に励むことが出来ました。

 栄光会の授業が始まる高校2年生の後期は受験生にとって残された時間が短くなってきていることを実感し不安でいっぱいの時期だと思います。私もそんな不安を抱えていたのですが栄光会の先生方は力を伸ばすために様々な面でサポートをして下さいました。最後まで栄光会を信じ、充実した受験生活を送ることが出来て本当に良かったと思っています。1年間本当にありがとうございました。