卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 森川 芹  慶應義塾大学 法学部  (私立 学習院女子高等科卒)

森川 芹  慶應義塾大学 法学部  (私立 学習院女子高等科卒)

森川 芹  慶應義塾大学 法学部  (私立 学習院女子高等科卒)

私は高校2年の11月から数学の授業を受講しました。中学2年から高校1年まで海外におり、日本の数学の勉強を疎かにしていたこと、また学校における数学の授業の進度が遅かったことから、数学が苦手科目となっていました。市販の問題集を解くのみでは基本が掴めず、他塾では既に基礎事項の学習が終わっており途方に暮れていた時に出会ったのが栄光会でした。

   栄光会の魅力は主に2つあります。第一に、受験に必要な数学のあらゆる分野の基礎的なこと(教科書レベル)から入試頻出の発展的なことまですべてを網羅することが挙げられます。勿論、高校2年の秋から1年弱で全てをカバーするため自身の相当の努力を必要とします。ですが講師の方との毎回の授業後の面談、小テスト、年に2回ある復習テストなどによりモチベーションが上がり、栄光会への通塾を通して苦手であった数学の勉強が苦ではなくなっていました。第二に、少人数の授業体制が故講師との距離が近いことから、どんなにたわいのない質問も気兼ねなく出来ることが列挙出来ます。個人的に、大手の塾では講師との距離が遠く質問しづらい上、質問しても数学を専門とする人の目線から説明される傾向があり、きちんと理解することが出来ないまま問題を放置することが多々ありました。ですが、栄光会では講師の方が大学生で年が近いのに加え、どんなに数学が苦手な人でも分かるように教えて下さった為、難しい演習問題も自分なりに咀嚼し、苦手分野を克服する事が出来ました。

  本番のセンター試験の数学で高得点を取ることが出来、志望大学に合格出来たのは他でもなく栄光会のお陰だと心から思っております。 講師の方々、事務の方々1年間大変お世話になりました。深く御礼申し上げます。大学受験を控えている皆様、是非栄光会、そして何より自分を信じ勉学に励んでください。ご健闘を心よりお祈り申し上げます。