卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 山村 健太  慶應義塾大学 理工学部  (私立 攻玉社高等学校卒)

山村 健太  慶應義塾大学 理工学部  (私立 攻玉社高等学校卒)

山村 健太  慶應義塾大学 理工学部  (私立 攻玉社高等学校卒)

私は高3の春期講習から物理を、夏期講習から化学を受講しました。入塾以前は、数学と英語だけを重点的に勉強していましたが、物理と化学をほぼ勉強しなかったため、センター同日模試の理科2科目で壊滅的な点数を取ってしまいました。そこで高校の先輩に相談したところ、栄光会の物理科を強く勧められたため入塾しました。また、化学は独学で勉強するつもりでしたが、有機化学の構造決定問題に躓いたため、夏期講習から受講を開始しました。授業を受ける前は、物理化学両者に関して、公式を覚えて、勘で立式をし、適当に問題を片付ける、という問題を解くという行為から大きく離れたことをやって過ごしていました。

しかしながら、栄光会の講師が示す問題の解き方、頭の動かし方を導入し、徹底的に実践した結果、現象を正確に把握しつつ正しい立式をすることが出来るようになりました。また、それに従い理科2科目の問題対処能力が劇的に向上し、最終的には受験における最大の得点源とすることが出来ました。課せられた宿題の量は、決して少ないものではなかったと思いますが、その費用対効果を考えれば寧ろ安いものであったと考えます。また、生徒の学習状況に応じて面接が行われ、生徒1人1人に対して適切な助言がなされる事も大きな魅力であると思います。生徒に対する手厚い指導と、1年間で高校範囲を全網羅するという授業スタイルは、特に勉強に対するやる気がある人に強くお勧め出来ますし、栄光会の最大の特徴であると考えます。最後になりますが、ご指導いただいた講師の方々、事務の方々に感謝の意を表すと共に、これから受験を迎える受験生の皆様の成功をお祈りします。