卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 古川 恭平  早稲田大学 教育学部  (私立 昭和学院秀英高等学校卒)

古川 恭平  早稲田大学 教育学部  (私立 昭和学院秀英高等学校卒)

古川 恭平  早稲田大学 教育学部  (私立 昭和学院秀英高等学校卒)

私が栄光会に入ったのは高2の11月です。英語が本当に苦手で、いとこの勧めで入りました。ここでは、基礎の基礎からやってくれました。最初はこんなに簡単なところやる必要ないだろうと思っていましたが、そういった基礎をきちんと身につけることが難しい問題を解く上で大事であるといったことを思い知りました。今まで私は、文法をただ機械的に暗記していたのですが、栄光会では文法の理屈まで解説をしてくれて、文法が好きかつ得意になりました。長文の読み方も今までの自分のそれとはまったく異なっていて、最初は戸惑いましたがその読み方は理に適っていて、課題の演習を重ねているうちに河合模試での偏差値が一気に伸びました。英語は伸びるまで時間がかかる科目なので1人ではこんなに伸びなかったと思います。

また定期的な個人面談では学習の進捗状況の確認や受験までのビジョンを考え、英語以外のサポートもしてくれて、自習もしやすくなり、勉強に苦を感じなくなりました。毎回の小テストは自分を追い込むきっかけにもなり、毎日の習慣的学習につながりました。また大手予備校では1人1人対応しきれないこともあったりしますが栄光会では講師の人が1人1人対応してくれてとても助かりました。

私はこの受験を経て、自分の人間的成長を実感しました。栄光会で講師の方と共に目標の達成の為に一生懸命努力したこの受験生活はとても充実していたと思います。栄光会で学んだ事は受験の後にも生きています。例えば、成績を伸ばす為に何をすべきかを試行錯誤することは今後社会に出ても必要な自己解決能力に繋がります。そういった事まで教えてくれた栄光会にはとても感謝しています。大学生になっても自分の目的を見失うことなく、様々な事に全力で取り組んで行きたいと思います。