卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 相崎 喜敦  早稲田大学 法学部  (私立 城北高等学校卒)

相崎 喜敦  早稲田大学 法学部  (私立 城北高等学校卒)

相崎 喜敦  早稲田大学 法学部  (私立 城北高等学校卒)

 私は、11月生として入塾して、英語を受講しました。当時、周りが次々と塾に通い始める中、自分だけ塾に通っていないという焦りがあり、どこか塾へ通おうとしていました。また、学校の授業は次第に解説から演習へと徐々に移行しており、基礎があまり定着していなかった自分は成績が伸び悩んでいました。そのため、文型などの基礎から教えてもらえる栄光会は自分が欲しているものを得ることが出来ると思い、入塾を決意しました。

 授業を受け始めると、どれだけ自分の基礎が出来ていなかったか痛感させられました。入塾以前も私は英語がそこまで苦手ではなかったため、最初の頃はこんなことをしていて意味があるのかと感じていました。しかし、毎回習う事は新鮮であり、習ったことは意味があるのだと次第に感じてきました。

 栄光会の最大のメリットは講師が1対1で接してくれる点です。授業後には勉強の仕方や参考書のことなど、詳しくアドバイスをしてくださいました。また、何度か面談の時間があり、まとまった時間で過去問の進め方ややり方、勉強の長期的な計画などを相談できる事も栄光会の大きな魅力だと思います。

 上記のとおり、自分は英語が苦手ではありませんでしたが、得意という程でもありませんでした。しかし栄光会に入ったことで英語が自分の武器に成りました。英語は受験においてキーとなる科目であり、特に早慶をはじめとする私立の上位大学は、英語の配点がかなり高く、英語さえ出来れば合格がグッと近付きます。実際自分は英語でゴリ押しして早稲田に受かったようなものです。そのため、英語に自信のある人でもそこそこで満足せずに、武器にしてほしいと思います。

 最後になりますが、お世話になった講師、事務の方々本当にありがとうございました。