卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 阿美 榛花  慶應義塾大学 文学部  (都立 西高等学校卒)

阿美 榛花  慶應義塾大学 文学部  (都立 西高等学校卒)

阿美 榛花  慶應義塾大学 文学部  (都立 西高等学校卒)

私は11月生として英語を受講し、1月からは世界史も受講しました。栄光会を知ったきっかけは、姉から、姉の友人が通っていた話を聞いたことです。私は高校2年の秋まで部活漬けの毎日を送っていて、テスト前だけ勉強するといった感じでした。さすがに2年の秋ごろから受験に対する焦りを感じ始め、1年間で完結する栄光会の授業に強い魅力を感じ、入塾を決めました。

栄光会の英語の授業は、基礎の基礎から始まります。私は入塾する前、英語を感覚で読んでいました。しかし、栄光会の授業で、5文型などの本当に初歩的な文法から学び直した結果、英文の構造を理解して読めるようになり、応用問題にも臆することなく取り組めるようになりました。

栄光会の授業の特徴として、毎週、授業はじめに行われる小テストがあります。大手予備校と違い、個別にテスト結果に対してコメントをしてくれるため、小テストに対するモチベーションを高く維持することが出来、受験に必要な知識を満遍なく得られます。部活との両立が大変な時期もありましたが、追い込まれなければやらない私にとって、小テストを通して、英単語や熟語、世界史用語の知識を網羅的に学習出来た事は、とても良かったと思います。

また、生徒と講師の距離が近いことも特徴の1つです。世界史の先生には、受験の直前までメールで添削をして頂いたり、ちょっとした疑問もすぐに質問することが出来たので、とても助かりました。このように、大手予備校と違って、講師に気軽に質問、そして相談が出来るところが栄光会の強みだと思います。

もし、私と同じように部活動や委員会などで忙しく、受験に対する焦りを感じている人がいたら、ぜひ栄光会に入塾してみてください。きっと期待以上の成果が得られると思います。最後になりましたが、1年間、熱心に指導してくださった講師の方々、そして事務の方々、本当にありがとうございました。