卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 富士見 のどか お茶の水女子大学 (私立 三田国際学園高等学校)

富士見 のどか お茶の水女子大学 (私立 三田国際学園高等学校)

富士見 のどか お茶の水女子大学 (私立 三田国際学園高等学校)

私は栄光会に入る前まで、受験勉強をしなければならないことはわかっていても、何をすればいいのかわからず、結局何もしないままの日々を過ごしていました。このままではいけないと、親が高校生の頃に栄光会に通っていたことをキッカケに栄光会に入塾することを決め11月生として英語を受講し、1月からは世界史も受講しました。

私も含め、周りの塾生がみな難関大学を志望している塾で、正直、最初はとても不安でした。私は、家計の問題で親から国公立大にいけと言われ、国公立大を目指していましたが、勉強には全く自信がなく、塾の授業についていけないのではないかと思っていました。しかし、英語も世界史も、授業が始まると、本当に基礎の基礎から教えていただけて、安心しました。ただ、1週間に1度の授業のため、1回の授業の情報量が多く、それを消費することは少し大変でした。でも、反対に、1度の授業での情報量が多いことで、1回の授業での自分の成長が強く感じられ、勉強することが楽しかったです。

栄光会の最大の魅力は、集団の授業で仲間との競争を意識しつつ、先生が生徒と1対1で向かい合い、生徒1人1人にあった指導をしてくださる点です。集団の授業では、緊張感があり、ここで負けたら受験でも負けるという意識を常にもつことができました。授業の後には毎回、先生と1対1で話をする機会があり、授業中にもった疑問や、その週の勉強の進み具合などを相談できます。受講している教科以外でも親身になって相談に乗ってくださります。1人1人の性格や、勉強の弱点をきちんと把握していて、感情的になることなく、冷静にアドバイスしてくださるので、とても心強かったです。

栄光会は、その時にやるべきことを的確にわかりやすく提示してくれます。そして、サボることなくただひたすらそれをやっていけば、自然と力が付いてきます。困ったことをすぐに質問できる環境もあります。そして、合格した時には、一緒になって喜んでくれる先生がいます

栄光会では、受験と戦いながら、学ぶ楽しさも感じられると思います。ちなみに、私は栄光会の授業を受けて、私も先生になりたいと少し思ったくらいです。最後になりますが、お世話になった先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。