卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 小田 彩加 慶應義塾大学 文学部 (私立 共立女子高等学校)

小田 彩加 慶應義塾大学 文学部 (私立 共立女子高等学校)

小田 彩加 慶應義塾大学 文学部 (私立 共立女子高等学校)

私は11月生として英語を受講しました。

6歳上の兄が栄光会に通って受験に成功した事から、私も必然的に高2の秋になったら入塾して英語の成績を上げるのだと思っていました。中高一貫校だったこともあり、入塾するまでは毎日ほぼ勉強時間ゼロで部活に没頭していました。ですので、入塾当初は英語を感覚で読むものだと思っていて、単語もほとんど覚えていない状態でした。しかし、栄光会のカリキュラムは他塾と違ってイチから英語の基礎を教えて貰える為、構造を知ることができ、どんな英文でも培った知識で読み解くことができるようになりました。

また、長文の授業に入ってからは長文がどのように構成されているのかを把握することで速読が可能になりました。

自分だけでは勉強するのが困難な英単語や熟語は、毎週の小テストのおかげで学校の他の子よりも早い時期に多くの量を覚えることができ、1週間で覚えるのは大変ではありましたが、習慣化されたことで苦にならず、受験でもアドバンテージになったと思います。

スパルタではありますが、私の様に自分の勉強法に不安を覚えていたり、どうしたら良いかわからずにいる人は是非栄光会に入塾してみてほしいです。

大手塾と違い、自分の成績や勉強法、受験についての多くを授業担当者である講師が把握してくれているので、何でもすぐに相談する事ができ、辛い受験を過ごす上でとてもありがたい環境でした。私は、第一志望前日にも栄光会へ行って講師と話しました。その事で3日間の慶應の受験も乗り切る事ができました。また、受験期に自信を無くした時は栄光会での勉強量を思い出して自信に繋げていました。

最後になりましたが、1年間お世話になった講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。受験生の皆さん、栄光会で培ったものを信じて最後まで諦めずに1年間頑張ってください。