卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 尾山 桃子 お茶の水女子大学 文教育学部 (国立 お茶の水女子大学附属高等学校卒)

尾山 桃子 お茶の水女子大学 文教育学部 (国立 お茶の水女子大学附属高等学校卒)

尾山 桃子 お茶の水女子大学 文教育学部 (国立 お茶の水女子大学附属高等学校卒)

私は高校2年生の11月から栄光会に入塾し、英語の授業を1年間受講しました。高校に入学してから英語の成績が伸び悩む中で、大学受験に向けて母から勧められたことが入塾のきっかけです。

授業で最も良かったと感じる点は、中学で学ぶような基礎の分野から実際の受験問題までを1年間で学習できるカリキュラムが組まれていた点です。このカリキュラムを通して栄光会で授業を受ける中で、何を理解する必要があるのか、自分が何を理解できていなかったのか、気づくことが出来ました。それらを克服していくことで今まで読めなかった英文が少しずつ読めるようになり、模試での偏差値が大きく伸びました。それ以上に、自分で自身の英語力の伸びを感じられたことに加え、成績が上がったことで英語学習に手ごたえが感じられ、学校での授業も楽しくなり、英語へのモチベーションの増加がもたらされたことはありがたかったです。栄光会の講師が独自に集めた良問、充実した課題の解説など自宅学習のケアも学力を伸ばすことに繋がりました。

英語の基礎的な部分が抜けていたこともですが、私の1番の弱点は単語力の無さでした。単語力をカバーする上で役立ったシステムは毎週の小テストです。高校に入った当初は単語を覚えるだけならば1人でも出来ると考えていましたが、中学英語に比べて学習する単語数が増加する上、他教科の学習量も増える中で英単語の定着はつい後回しにしてしまいがちでした。しかし、栄光会では毎週1部分の単語と熟語を必ず覚えなければならず、どのレベルの単語までを覚える必要があるのかも目指す大学ごとに提示してもらえるため、自分の成長具合や目標への到達度が実感出来、計画的に単語学習を進められました。

大学受験にとどまらず、大学入学後にも栄光会で伸ばした英語に関する知識、解法、学習法は役立っています。