卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 山田 真子 早稲田大学 商学部 (私立 東洋英和女学院高等学校)

山田 真子 早稲田大学 商学部 (私立 東洋英和女学院高等学校)

山田 真子 早稲田大学 商学部 (私立 東洋英和女学院高等学校)

私は、1月生として入塾して、世界史を1年間受講しました。栄光会に入ったきっかけは、友達の紹介でした。高2の後半になり、本格的に世界史に取り組もうと思ったのですが、どこの塾に行ったらよいか分からず悩んでいたところで誘いを受けました。そして、栄光会では小テスト、復習テスト、定期的な個別面談など1人1人に対して綿密な対策を行っているという点に惹かれ、入塾することを決めました。

私が栄光会に入ってよかったと思うことは3つあります。

1つ目は、授業のわかりやすさです。出来事が起こった原因、流れ、結果などをとても丁寧にわかりやすく教えてもらえます。そして、流れについては縦の関係だけではなく、横の関係もまとめて学べます。

2つ目は、入試対策が整っています。間違えやすい単語やひっかけ問題、過去問題の良問の抜粋、資料問題など幅広くやってもらえます。そして、過去問題などの論述の添削については、入試期間に入っても、メールのやり取りで個別に対応してもらえます。1回の授業につき進む量は多いですが、私は毎週きちんと暗記していきました。その理由は、毎週行われる小テストや休み明けの復習テストの存在でした。授業後に、先生が各自に小テストの振り返りを行い、復習テストでは、大問ごとの塾内順位や正解率など細かく分析してもらえます。これらが、私のモチベーションを高め、目標までにやらなければならないことが明確になりました。

3つ目は、生徒に対する講師の手厚い指導だと思います。1対1の面談でそれぞれの志望校や模試の結果、勉強の計画に対して的確なアドバイスをいただき、本当にお世話になりました。

私は、心から栄光会に入ってよかったと思っています。受験勉強は大変ですが最後まであきらめないことが大事だと実感しました。特に世界史は入試前日まで伸びます。皆さんが、志望校に合格できるように応援しています。

最後になりますが、講師、事務の方々今まで本当にありがとうございました。