卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 岩間 雪 国際基督教大学 教養学部 (都立 富士高等学校)

岩間 雪 国際基督教大学 教養学部 (都立 富士高等学校)

岩間 雪 国際基督教大学 教養学部 (都立 富士高等学校)

私は11月生として英語を、春期講習を受けて4月から世界史を受講しました。高2の秋の時点では、受験のための塾を探していたわけではないのですが、たまたま栄光会を知り、体験授業を受けてみたところ、自分が知らなかった、あるいは分かったつもりになっていた英語の穴に気付かされ入塾を決めました。

栄光会の良いところはいくつもありますが、その内の一つは授業の最初に行われる小テストと毎回の宿題だと思います。授業自体は週1回ですが、小テストに向けた勉強や指示された宿題が毎週あるので、何を勉強すればいいのか分からないという状況には全くなりませんでした。むしろこれらがあったことでなかなか自分から勉強を始められない私は、自分を勉強しなきゃいけない環境に追い込めたと思います。もう1つは講師の先生方が下さる膨大な量の授業プリントです。授業で使うプリントはポイントが本当にまとまっているので、後から復習する時も分からなくなることがなく、全授業が終了した後もよく使っていました。また本当にたくさんあるので、自分はこんなに勉強したんだという達成感や自信にも繋がったと思います。さらに、講師の先生が自分の学習のプランを立ててくれるのもとてもありがたかったです。定期的に行われる先生との面談で、模試や栄光会の復習試験の結果、志望校、自分の学習の進度やスタイルなどを踏まえて「この時期からこれを始める」「この大学を受けるならこの問題集がいい」などのアドバイスをもらいました。こうしたアドバイスのおかげで迷いなく受験勉強をすることができたと思います。

受験勉強で大切だと感じたのは信頼できる先生の存在です。栄光会に入ってそんな先生を見つけられたからこそ、今の自分があるのだと思います。先生を信じて勉強すれば結果は自ずとついて来ます。受験生の皆さんの勉強がこれから上手くいくよう心より祈っています。