卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 野田 美和 早稲田大学 教育学部 (私立 東洋英和女学院高等部)

野田 美和 早稲田大学 教育学部 (私立 東洋英和女学院高等部)

野田 美和 早稲田大学 教育学部 (私立 東洋英和女学院高等部)

私は高2の12月にダイレクトメールがきっかけで栄光会を知り、1月生として英語、世界史でお世話になりました。

入塾前・入塾直後は不安要素だらけでした。特に、規模の小ささです。校舎はお茶の水と高円寺の2つのみで、自習室もない。大手予備校に通う友達が多いなかで、「本当に自分は1年間ここでいいのか」と悩みました。しかし、通塾し終わったいま振り返ってみると、不便だと思ったことは1度もありませんでした。学校の行事でどうしても受講できない日は他の曜日に振替出来ましたし、自習室はなくても授業前に教室で勉強することは可能でした。また、「大手塾の模試も必ず受けるように」と言われていたので、少人数の塾ながらに全国的な自分の立ち位置を把握することが出来ました。

「栄光会は課題が多く、厳しい」という評判を聞いたことがありましたが、「毎週授業に出て、やるべき勉強をさぼらず毎日続ける」という当たり前のことしか求められません。英語は5文型の理解から始まり「こんな簡単なことをいまさら?」と思いましたが、カリキュラムに沿って着実に、そしてそれを完璧に積み立てていくとおのずと実力がついてきました。

私は進学先に自己推薦入試で合格しました。2次試験の小論文は課題文が英語で、下線部和訳問題がありました。担当講師に過去問演習を個別に見ていただき、自信を持って入試本番を迎えることが出来ました。下線部の構造理解が完璧に出来、和訳が完成したときの安堵と達成感は忘れられません。

中高5年間部活動に明け暮れていた自分が、1年間の集中的な勉強で合格出来たのは、自分を律し続け、励ましてくれた栄光会という環境があったからでした。栄光会は、自信を持って後輩におすすめ出来る塾です。

最後になりましたが、1年間指導してくださった講師の方々、事務の方々、本当にありがとうございました。