卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 鑓田 由里香 首都大学東京 法学部 (都立 小金井北高等学校)

鑓田 由里香 首都大学東京 法学部 (都立 小金井北高等学校)

鑓田 由里香 首都大学東京 法学部 (都立 小金井北高等学校)

私は11月生として英語・数学を受講しました。入塾前は参考書で勉強していましたが、成績が伸びなくなってしまい塾を探していたところ、先輩に栄光会を勧められ入塾しました。通塾に電車で1時間半近くかかるので、ちゃんと通い続けられるのか、授業を集中して受けられるのか最初はとても不安でした。長い通塾時間はたしかに大変でしたが、授業は内容が濃いので自然と集中でき、また帰りの電車内ですぐに授業の復習や単語の勉強ができたため通塾時間で損をしているとは思いませんでした。以下、栄光会の授業について紹介します。

まず英語の授業についてですが、栄光会では構文の取り方から学び、その後長文の読み方を学びます。英文の構造を意識している受験生は少ないと思いますが、構造を間違えると英文の意味まで違ってくるので構文の取り方を学ぶことは大事です。私の場合では、入塾前はフィーリングに頼っていたため難しい長文になると解けないといったことがありましたが、1年後にはどの大学の長文でも読めるようになりました。また、毎回行われる単語テストに向けて勉強しているうちに、単語で困ることはほぼなくなりました。

次に数学の授業についてですが、数学は解き方だけではなく、いつ・どの公式を使えばよいのかを「ポイント」としてひとつひとつ学んでいきます。入塾前に参考書で勉強していた時は、ある問題の解き方は分かってもなぜその公式を使う発想になったのかが分からないためにまったく新しい問題には対処できませんでしたが、栄光会で「ポイント」を徹底的に学んだ後は問題文を読むと解き方の方針をたてられるようになり、新しい問題にも対応できるようになっていきました。

栄光会は表面的なテクニックではなく、問題を解く際の頭の使い方を教えてくれる塾だと思います。受験が終わった今でも栄光会で学んだ内容が役に立っています。  

最後になりましたが、親身に相談に乗って下さり、熱意を持って指導して下さった講師の方々・優しく対応して下さった事務の方々、本当に有難うございました。