卒業生の声

HOME> 卒業生の声> 齊田 龍二 慶應義塾大学 理工学部  (私立 城北高等学校)

齊田 龍二 慶應義塾大学 理工学部  (私立 城北高等学校)

齊田 龍二 慶應義塾大学 理工学部  (私立 城北高等学校)

私は、1月生として入塾して英語と物理を受講していました。きっかけはホームページのホームに書かれている「一流大学に合格することを請け負います。」という言葉でした。
当時、自分は栄光会に入りさえすれば合格するといった甘い気持ちを持っていました。
皆さんお気づきとは思いますが、受験はそんなに甘くありません。
毎回ある小テスト、授業後の恐怖の面談、解き終わるまで帰れない日曜の補講、地獄でした。
栄光会に入塾して以来、厳しい指導を受けて辛いと思ったことが何度あったことでしょう、
冗談抜きで高校3年生の男子が泣きそうになっていたぐらいです。
 しかし、こんなに新味になってくれる先生がほかの塾にいますか?休みの日曜日に朝から晩まで生徒の補講を無償でやってくれる先生がほかにいますか?そんな先生ほかの塾にいません!
 初めて高3で受けた河合模試第1~3志望までE判定が並びました。正直焦りました。
ほかの塾に変えることも考えました。読んでくれている人が入ること前提で言います。
最後まで続けてください。特に理科に関しては1年間でやる以上、模試でできないことがあって当たり前です。栄光会の先生たちの魅力は絶対に見捨てないことです。どんなに模試の結果が悪くても、的確なアドバイスと最善策を提供してくれます。また生活面に関しても、いつ勉強できるのか、ほかの科目との兼ね合い、高校での部活動との兼ね合いといった様々な面で相談、指導してくださいました。
 これからの1年間は本当に大切だと思います。栄光会で合格を勝ち取るために必要なのは入塾手続きとどんなにつらくても最後まで先生たちについていくという気持ちです。
この2つがない人たちには栄光会は全くお勧めできません。
この2つを持っている受験生、合格通知楽しみにしています。

最後になりますが、先生方、事務の方1年間本当にお世話になりました。
これからは大学生として頑張ります。